« 「私」‥27 | トップページ | 「私」‥29 »

2012年3月15日 (木)

「私」‥28

前回27で言いました洗脳をマインドコントロールに訂正しました。他人(家人)から指摘された
のでそうしたのですが私は実はどちらでもよかったのです。「マインドコントロール」とは強制に
よらずさも自分の意思で選択したかのように、あらかじめ決められた結論へと誘導する技術、
またその行為のことで、「洗脳」とは精神的・物理的な圧力によって、相手の主義・思想を根
本的に変えること、とされます。方法はかなり差がありますが、目的とするところは実質的に
同じで、特定の人間の考え方を外部から意図する形(内容、方向)に変えてしまうことです。
私の伝えたいことに近いニュアンスは「マインドコントロール」の方でしたので訂正したのです。
ちなみに洗脳の英語表記はbrainwashing、マインドコントロールはmindcontrolです。言葉の
由来も別々で、洗脳は政治的・軍事的な思想教育で、マインドコントロールは宗教的・社会的
な情操指導で使われるものと言っていいようです。
どちらも何かの喩えとして使われることが多く、ある意味で今の世相にマッチした使い勝手の
いい言葉と言えます。それだからこそ問題意識もなく使われているのでしょう。
私は仕事をリタイアして世間に対して一歩身を引いている(と思っている)せいか、このような
ことが逆に目について気になるのです。怒りっぽくなったのと同じ、歳のなせる業でしょうか。
‥‥それにしても感心するのは、特に英語表記において感じますが、人の心は手玉に取れ
るものだとしていることです。まるでロボットを扱うのと同じようです。
私は自分さえよく分からないのに、人の心ぐらい分からない代物はないと思っていますので、
いっそうこれを強く感じます。
といっても私が人間不信に陥っているとも感じません。腹の立つことも多いのですが、今のと
ころまあ適当にうまく(?)やっていると思っています。
それと、ここで話していることが地口(言葉遊び)めいていることもよく意識しています。‥‥

« 「私」‥27 | トップページ | 「私」‥29 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/44500873

この記事へのトラックバック一覧です: 「私」‥28:

« 「私」‥27 | トップページ | 「私」‥29 »