« 「性格」‥5 | トップページ | 「性格」‥7 »

2012年9月30日 (日)

「性格」‥6

 今までの話をまとめますと、①「性格」は個人を特定(識別)するためになくてはならないものである

 ②「性格」はそれだけで独立したものではなく、「顔」「名前」と一体となって個人の人格に付着した

抽象的なものである ③「性格」は自分と相手との対面により形作られる相手のイメージ全体のことであ

り、それを「性格」と呼称した言葉である ④「性格」は対面的反応のイメージであり外形的(物体的)

に把握することができない ⑤「性格」は変えられると思われ勝ちであるが現実には意のままに変えられ

る対象ではない ⑥「性格」は知覚的作用である点は「思考」と同じであり、作用そのものの解明は不可

能である‥‥ということになります。

 しかし私達は「あの人は角が取れて丸くなった」という言い方をよくします。多くの場合これは、若い

頃は何かと人を攻撃し勝ちなとげとげしい性格だった人が年齢を重ねて穏やかな落ち着いた性格に変わっ

てきた様子を指して言います。これは上の⑤の「性格」は変わらない、に矛盾するように感じるかもしれ

ません。また犯罪者を懲役刑に処して更生(甦生)させる狙いというものも同様でしょう。これらはどう

考えたらいいのでしょうか。

 これはやはり前回述べましたように、本人を取り巻く人々から求められる「反省」を自分が知識として

汲み上げそれを忘れないでいるということでしょう。本人の記憶が付加された分「性格」も変わったと言

えば言えなくもないでしょう。しかし、「性格」の四角い形が丸く変わったことが目に映るはずはありま

せんし(喩えにしても)、人が本当に別人格に変わり以前の記憶も失せてしまっている程であるとしたら

この人の身内の者にとってそれは悲しいことではあっても決して幸福なことであるとは言えないのではな

いでしょうか。「性格」が文字通り寸断されてしまえば「人情」も寸断されてしまうからです。

 そうであれば、嫌な「性格」の人とは一生嫌な思いをしながら付き合わなければいけないのか。その通

りという以外にありません。とにかく相手に「性格」を変えてくれと要求する方が無理な話なのです。し

かし「適当に付き合う」という言葉もあることですし、社会の中での処世術が悪いわけではありません。

それによく考えれば、嫌な人がいるから好きな人もいる、世の中そういう風にできていると見ることがで

きるのではないでしょうか。

‥‥しかし、うるさい隣国とは「適当に付き合う」やり方ではダメです。真摯に、驕ることもおもねる

こともなく、ひたすら真摯に向き合う以外にありませんね。

« 「性格」‥5 | トップページ | 「性格」‥7 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/47266002

この記事へのトラックバック一覧です: 「性格」‥6:

« 「性格」‥5 | トップページ | 「性格」‥7 »