« 「性格」‥9 | トップページ | 「性格」‥11 »

2012年10月23日 (火)

「性格」‥10

 デジャヴ(既視感)ということがよく言われます。街の家並み、街路、などの風景を見てそれが以前

見たことがあると感じることです。それは今見ている風景が過去の記憶風景と一致しているかよりも、

その「感じ」が何であるかという点に着眼したもののようです。私の体験で言えば、例えば田舎の小川

の川べりを歩いた時、ごくまれに、不意に眩暈(めまい)を伴いながら一種の「懐かしさ」が湧き起こ

ることがあったことを指します。ただ私は大人になってからはこの感覚を持ったことはありません。子

供の頃にさらに小さかった子供の頃の記憶が湧き起こったというもので、これが独特の感覚だったので

今でもこれを覚えているということです。小説やTVのサスペンスに出てくるような、何かの景色に出

会った瞬間に喪失していた記憶が突然よみがえるというようなドラマチックなことではありません。

(因みに、ウィキペディアによれば実際は一度も体験したことがないのにすでにどこかで体験したこと

のように感じることとされる。あるいは、他の典拠ではある光景を見てそれを前にも見たことがあると

錯覚する現象であるとされる)

 しかしながら最近ではデジャヴという言葉を広く応用して使うようになってきており、それとともに

本来的な意味と異なる意味を帯びてきているように思います。新聞の解説記事などで、社会現象という

ものの昔と今との類比性を語るのにデジャヴが使われたりしています。特に政治風景の十年一日の変わ

りのなさ(例えば議員の国会答弁や政治活動)を指して言ったりすることがその典型でしょう。しかし

もともとは人間の内観語(心理学用語)ですから社会性とはまったく関係のない言葉だったのです。

 デジャヴとはまた少し違う心境を表わすものに、里心(さとごころ)というものがあります。里心と

は他家や異郷にいる者が実家や郷里を恋しく思う心(類語では郷愁感、ノスタルジア)のことです。私

にとっては少年時代のデジャヴに相当するのが実年(50才代~60才代)時代の里心と言えます。これは

個々人の性格によっていろいろ異なるようですが、私は78年前まで里心というものにまったく無縁だ

ったのです。「里心がつく」という言葉を知ってはいたもののそれを実感として持ったことはないまま

暮らしてきたのですが、サラリーマン時代の50才代半ばに2年間ほど地方都市に単身赴任した時に初め

てこれを味わってから以降はかなり身近なものになった気がします。はっきり言えば私にとって里心と

は老化現象と同義語なのです。そしてサラリーマンをリタイアした最近は午前中だけ家から歩いて30

ほどの場所にパートアルバイトに就いているのですが、午後の帰宅時間が迫ると里心がつくこともある

くらいなのです。

 それにしてもデジャヴの話の結末が老化現象とは‥‥ついでに言うと「実年」というのはなぜか定

着しない言葉ですね。

‥‥まあこんな風にとりとめのないことを言うことが疑いない老化現象なのでしょう。

<散歩道での風景です キンモクセイのいい香りもありました>

3 4 5 6 7 8

« 「性格」‥9 | トップページ | 「性格」‥11 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/47555291

この記事へのトラックバック一覧です: 「性格」‥10:

« 「性格」‥9 | トップページ | 「性格」‥11 »