« 「性格」‥13 | トップページ | 「性格」‥15 »

2012年11月27日 (火)

「性格」‥14

  あと3週間足らずでまた総選挙です。今大小あわせて15前後の党派があって、予想通り誰もが「オレが、オレ

が」と自分の正当性を主張しています。私はこの10年間、いやこの20年間の政治を見ての結果として言いたい

ことは、最も単純に言って、誰が一番嘘を言わずに政治を行ったのだろうかということです。この際政党名は

無視して(政権与党はどのみち自民党とその派生政党が大部分だったので、個人だけに注目することにします)

この資格はまず2年以上総理を務めた人が条件とします。私の勝手な基準ですが、2年未満の人は理由は何であ

れ実績を主張できないと思いますので除くべきでしょう。そうすると驚く無かれ、橋本龍太郎と小泉純一郎し

かいないのです(敬称は略します)。もう10年伸ばしても鈴木善幸と中曽根康弘が加わるだけです。つまり鈴

木善幸(1980.71982.11)以降30年間で19人の総理大臣が出ましたが上の基準で言う「政治」を行ったのはた

った4人ということです。そしてこの4人の中で嘘を言わない政治を行った人は誰だったかということになると

どうでしょうか。これは難しいことかも知れません。「嘘」を言ったか言わなかったかの基準を何に置くかで

判断がガラリと変わるからです。しかし細かい詮索をしても仕様がありません。

  私の虚心坦懐な感想はこの4人の中に「歴史的に評価されるような」業績を上げたと言える人は一人もいませ

ん。小泉純一郎が「北朝鮮拉致問題」と「構造改革」でそれまでの政治姿勢を変更した点は事実として認めま

すが、その答えが出ない段階で総理を退いてしまったので業績を上げたとは言えませんし、この2つの問題は

現状において行き詰まったままです。また中曽根康弘はレーガンと「ロン、ヤス」の蜜月時代を演出しまし

たが、何と言っても日本の戦後の原子力行政推進の中心人物の一人です。この人は「福島原発事故」に際し

てどのようなコメントをしたのでしょうか。そして鈴木善幸、橋本龍太郎はすでに記憶が薄れ始めている人

です。

  ああ何ということでしょうか。(今更でもありませんが)日本はこの30年間「真の」政治家は不在だったの

です。ではその前の30年間は?この期間は経済面では戦後経済復興→高度成長→バブル経済へと進んだ時代、

政治面では日本の独立→平和憲法制定→日米安保体制→自民党独裁の時代と言えます。そして「歴史的に評価

される」と言えそうな総理は敗戦国日本を再スタートさせた吉田茂だけでしょう。本当のところはもう100

もしてみなければ戦後日本の政治(家)の評価は分からないのでしょう。あと100年後です!‥現在生きてい

る人は99.99%いません。‥‥もう溜息しか出ませんからこの辺でやめましょう。とにかく選挙は「人間」

を見て判断しなければいけないということです。しかし何をどうやって見て判断すりゃいいのだろうか?

  前にもこのブログで述べましたが、今の政治(家)が変わるのはまだあと30年~40年先で、変えるのは今い

る現役の政治家たちではないのです。では今の政治家、今度の選挙に名乗りを上げている人はどういう立場の

人であるのかと言えば、真の政治家が出てくるまでの「捨て石(犠牲としての繋ぎ役)」だということです。

ですから私は今回投票するにあたって誰にするかの基準は、その人が自分が「捨て石」であることを認識し、

これを明確に表明しているかという一点にしようと思います。この「捨て石」を必死でやる覚悟がある人と

うことです。そして該当者がいなければ投票を棄権します。いい加減な人を選びいい加減な政治をやってもら

いたくないからです。結果的に望むような政党・政治家の政権にはまだならないかもしれません。その時は、

そういう人が出てくるまで我慢して待ち続ける以外にないと考えます。それは「捨て石」覚悟の政治家、

して「真の」政治家の登場を待つ国民の最低限持つべき心得と言うべきでしょう。

<舞岡公園でのスナップです。横浜でもこんな里山風景が見れました。> Photo_2

5 6 4_2 7 8 9

1 2

« 「性格」‥13 | トップページ | 「性格」‥15 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/47997319

この記事へのトラックバック一覧です: 「性格」‥14:

« 「性格」‥13 | トップページ | 「性格」‥15 »