« 「性格」‥19 | トップページ | 「性格」‥25 »

2013年2月 9日 (土)

「性格」‥20

 平野啓一郎のエッセイ『私とは何か』(講談社現代新書)を読みました。私のブログのテーマともオー

バーラップしますし、新進気鋭の作家のエッセイに大いに興味をそそられたからです。以下、その論旨と

私の感じた点を述べてみたいと思います。

 この本のサブタイトル:「個人」から「分人」へ とある通り、「個人」という概念を英語のindividual

の語源を足がかりにして、in(否定)+divide(分ける)=分けられない(もの)、が元々の「個人」

の意味であることをまず確認します。そうした上でこれに対して「本当にそうだろうか」と疑問を投げか

け、人間は「分けられない」存在ではなく、複数に「分けられる」存在=「分人」であると直観すると

ころから出発するのです。

 人間は子供から大人へと精神的(肉体的にも)成長を遂げていく過程でいろいろな性格の「顔」を具え

ていく。それは対人的な(特に友人との)付き合いの中で現れてきます。例えば高校の頃の自分、大学の

頃の自分、社会人(作家)になってからの自分、等はそれぞれ明らかに違う「顔」をした自分です。

それぞれ違う相手に対し、話し言葉が違う、口調が違う、ノリが違う、つまり「性格」も違うことにな

ります。また何かの折に偶然自分の新旧の友人が同席することになった時の、何とも言えない居心地の悪

さ。違う友人ごとに違う自分を演じなければならないからです(この経験は私にもありますし、多かれ少

なかれ誰にもあるのではないでしょうか)。それは付き合う相手ごとに違う自分があるからです。そして

その中に「本当の自分」があるのかといえばそんなものはなく、すべて「本当の自分」(=分人)です。

つまり人間は常に多種多様な複数の「分人」の集合体として存在しているというのです。それは誰に対し

てもいい顔を向ける「八方美人」とは真逆で、相手ごとに本質的な自分をさらけ出すものだということです。

 結局、人間は対人関係ごとに別々の「分人」になるのが自然であり、ある人間の個性とはそのように各

人が複数保有する「分人」の構成比率に他ならないということになります。そして(友人でも恋人でも)

相手に対する好き嫌いとは、そうした相手に対する「分人」の自分にとっての好き嫌いに行き着きます。

好きな友人とはそのような友人といろいろ会話をする時の「分人」が好きなのであり、好きな恋人とはそ

の恋人と一緒にいる時の「分人」が好きなのだということです。それはまた「ものごと」をポジティブに

発想することなので、例えば学校でのいじめや会社での対人関係の行き詰りといったネガティブな「分人」

を相対化して見ることができ、その窮地から自分を脱却させる有効な方法ともなるというわけです。

‥‥以上のように平野啓一郎の、「個人=分けられないもの」に対するアンチテーゼとしての「分人」と

いう着眼点は斬新で、私達の生活の中にスムーズな頭の切り替えをもたらし、例えば往々にして「自分探

し」が陥りがちな閉塞状態からの突破口を示してくれる観すらあります。しかし、このエッセイの中で

私が思った問題点がないわけではありません。それは「分人」の概念は確かにそう言われてみればすべて

納得の行く、非常に腑に落ちるものだと感じましたが、そこで多様な「分人」を見て喜んだり悲しんだり

る(客観視する)「主体」とは一体何者かを述べていない点です。それも「分人」なのか、それとも多

様な「分人」を束ねるいわば「メタ分人」とでも呼ぶ人格を考えればいいのかということです。この「主

体」なくして望ましい「分人」バランスが自分の中に構築され維持できるものでしょうか。これは将棋で

言えば最後の「詰め」のところでしょう。

進化途上の作家として、いずれ何かの作品の形でその詰めを完成させるのかも知れませんが‥‥。

« 「性格」‥19 | トップページ | 「性格」‥25 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんはnight
最近はまた一段と寒い日が続きますね
風邪などひいておられませんでしょうかsign02
確かにお話の通りで、
友達には友達との話し方があり、
目上の人には目上の人との接し方も有り、
家族とはまた違った会話をしていますね
それは八方美人ではないと言うお話ですねconfident
人と上手く付き合っていくうえで大切で必要な事ですよねnotes

こんばんわ。私が書いた『私とは何か』の概要はこの書の骨格だけで魅力も何も伝わらなかったと思います。ぜひご一読をおすすめします、いい本ですから。平野啓一郎は良く人間学を積んでるなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/49286319

この記事へのトラックバック一覧です: 「性格」‥20:

« 「性格」‥19 | トップページ | 「性格」‥25 »