« 「性格」‥49 | トップページ | 「性格」‥51 »

2013年7月13日 (土)

「性格」‥50

〚まとめ〛

 

以上の諸点を踏まえ、私は日本は今から4050年先を睨んで真の国家的戦略を構築するための憲法改正は必要であると考えます。それは21世紀の半ば頃の未来の日本を描く上での改憲というものです。これまでの70年近い“無考察(ノーアイデア)”の時間を取り返すにはそれ位の時間展望が必要だと言うのは大袈裟でも何でもないでしょう。今の国民(為政者ももちろん含む)の90%以上(あと10年もすればほぼ100%)はこの無考察状態に陥っており、しかも今さら頭を切り替える気力は失われていると思われるからです。人間が一度自分から固定してしまった「性格」というものは、放っておいて変わるものでは決してありません。それでも今から準備としての行動を起こすことの方が何もしないよりは比較にならないほど意味を持つはずです。それは21世紀半ばの日本人自身に呆れ果てられてしまわないためにもです。

従って憲法改正は96条を変えて9条を変更するという“姑息”なことではなく、抜本的な書き直しをやるべきなのです。憲法改正は戦争や、革命、占領政策下でなければやってはならないと決まっているわけではありません。平常時に独立国家が国民的合意のもとで全面的な書き直しが必要と判断することに何ら不自然さ、異常さはないはずなのです。現状にそぐわなくなっている憲法を歪めて解釈し護持し続けることの方がよほど異常だと言えるでしょう。1990年代の中盤以降日本は政治的にも経済的にも、ひいては社会全体の雰囲気が閉塞感・停滞感に覆われています。こうなってしまった、目に見えず意識されない原因が“平和主義の日本国憲法にある”と言ったら奇弁過ぎて誰も彼も呆れるかも知れません。しかし、この状態を脱却するには日本人全体の気持ちの立て直しが必要なのだと言って間違いではないでしょう。日本人の気持ちの立て直しをするために、憲法改正(全面書き直し)に優る方法が今考えられるでしょうか。そして、これを行なうのが政治家でなくて誰なのでしょうか。身をなげうって国民的議論を惹き起こす役割を担うのが本来の政治家なのです。

だがこれは1年や2年で出来るなどという生易しいことでは絶対にないでしょう。それは、例えば最初の5年間で国全体で議論を高め、次の5年間で憲法改正(全面的書き直し)を実施するといった10年位の時間を要するものでしょうし、それ位の時間を掛けるべきものです。もちろんこの期間は同時に諸外国に向けて十分な説明・情報提供を行なう必要があります。とりわけ現憲法を実質的に制定したアメリカに対しては意を尽くしてこれを行わなければならない(非常なハードネゴとなるでしょうが)ことは言うまでもありません。ただしそれはアメリカの意向を伺うといったものではなく日本の明確な考え方を伝えるということなのです(憲法は本来的に他国の承諾を取るというものではない)。

 

そもそも憲法の存在理由を考えてみますと、日本という国が存在し、そこに日本語を話す国民がいて、明らかに他国とは区別される社会を形成している。その社会が内部あるいは外部からの圧力に脅かされることなくその国民の生活が保持されるために、社会が設ける規則が憲法なのでしょう。そして個人でも、党派でも、どのような権力でも憲法違反は罰を受ける、即ち国民の合意により成り立つ憲法にこれを乱用する権力などあり得ないのです。国民が作った憲法は国民によって守られる、ただそれだけでいいはずです。そうした土台の上に、基本的人権が尊重され、三権分立があり、軍事力も持つという形が出来上がっているということです。

誰もが知っている通り、日本は昔から外部の知恵を取り入れながら国家を、文化を築き上げて来ました。話し言葉だけの日本語に漢字を取り入れ、仮名文字を発明し、律令制を取り入れ、仏教を取り入れ、儒教を取り入れ、‥‥近代において民主主義を取り入れました。これらすべては、試行錯誤しながら日本に合うように精妙に改良され、洗練された形へと変えながら取り入れてきたのです(ただ民主主義はまだ道半ば、洗練途上でしょうが)。これがいわば“日本流”と言うものでしょう。ですからこれからやるべき憲法改正もこの原点に立ち返って“日本流”に書き直すと言う考え方を基本とすべきです。換言すれば“新しく書き直す憲法は日本の文化を体現する”という一念で行なうべきものです。そして一国の文化に外部から異論が出ることなどないと確信していいのです。文化的産物に対しては“崇敬”こそ寄せられても“唯我独尊”といった誹りは受けないものと信ずるのです。

以上

 

<夏の花>

Dsc_0375

Dsc_0379

Dsc_0380


« 「性格」‥49 | トップページ | 「性格」‥51 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんはnight
今夜は少し暑さもましです。
そちらは、相変わらずなのでしょうか。
性格ってキッと変わらないですね
何年経ってもきっとそのまま
人の性格も変わらない、中々変えられないですよね。
だから
変わらないと思って過ごしていくんでしょうね。
そのまま生きてきたのだから、これらも
そのまま生きて行くのでしょう。
何かしんみり…
夏のお花さん達この暑さの中、頑張ってますねぇ~v
shine

今晩は。
夜中にコメントを書くというのは孤独な生活なのでしょうかね。
それともこれが現代風なのでしょうか?‥‥annoy
「性格」につきましては、このシリーズの初めに書いたんですが、顔、名前と同じく
個人を特定する要素ですから、変わるはずのないものだと思います。コロコロ変
わったりしたらその人に対する同一性が失われ、例えば昨日会ったAさんを、今日
会っても同じ人だと思えなくなるでしょう。つまり人間関係が成り立ちません。それと
「性格」とは相手に対するトータルな印象ですから時間的裏付けの伴うものです。
その意味でも変わりようの無さがあります。‥‥こんなことを考えていると朝になって
しまいますね。( ̄ー ̄)ニヤリ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/52429659

この記事へのトラックバック一覧です: 「性格」‥50:

« 「性格」‥49 | トップページ | 「性格」‥51 »