« 「性格」‥50 | トップページ | 「性格」‥52 »

2013年7月19日 (金)

「性格」‥51

〚人殺しと平和〛

 

日本国憲法の見直しについて述べました中で焦点となりました、「平和」というものについてもう一度述べてみたいと思います。憲法の条文から取り除くべきと言うものの、これが重要ではない概念であるはずはなく、それどころか語っても語り尽くすことの出来ない、人間社会における「キーワード」であることは間違いないからです。「キーワード」であっても憲法条文から取り除くべき理由は前回までに述べましたが、ここでは改めて一般論から「平和」とは何かを探ってみたいと思います。

 人を殺すことがいけないとされる理由は、つまるところ人の社会の平和を乱すからでしょう。人が人を簡単に殺すことがまかり通る世の中は決して平和ではありません。その社会が平和かどうかを判断する基準は、簡単に言えば、人が殺されないことが保障される仕組みが出来ているかどうかなのでしょう。具体的には人殺しを抑止する法制度が存在し、それが厳格に遵守されているかどうかということになります。

 従って、例えば人殺しは重罪でありこれを犯す者は死刑≪これも人殺し≫となる法制度を世界の過半数の国が制定しています。二重カッコ書きしたのはここに大きなポイントがあるからです。つまり、人殺しという社会の平和を乱す最大の罪を犯した者は罰として社会によって殺されるのです。端的に言って、この仕組みによって社会の平和が維持されると言えるのです。これは洋の東西を問わず昔から今に至るどんな時代でも変わらない基本的な「掟」(人間が考えた「死の掟」)と言っていいでしょう。死の罪は死の罰によって償うというものです。今に至るまで、人間の智恵の及ぶところこれに勝る説得力を持つ解決方法はないということになります。

※ 死刑廃止論はここでの議論の線上にはないので(罪人の更生方法の議論であり、人殺しを防止する議論ではないので)ここでは除外します。

一方、人間は平和のために人殺しをします。言うまでもなく国家間や民族間の戦争のことです。自分(自国)の平和を成就するために相手(相手国の人間)を殺すのです。この場合は自分(自国)こそが平和をもたらす正義の立場であると双方が確信して殺し合うということです。従ってより多くの相手を殺した者はその国では英雄として扱われ、相手国にとっては極悪人となるでしょう。この平和のための戦争は昔から今現在も続いています。そしてもち論、戦争をしている双方の国内においては、最初に述べた平和を守るための人殺しの掟も守られているのです。これを神の目で見れば、人間とは何と身勝手な罪深い者どもだということになるのでしょう。しかし神の目で見て嘆いたとて、世の中の人殺しや国同士の戦争がなくなる訳ではありません。今の現実の話として、何か事が起こればそれぞれの局面でそれぞれの現場において是とする解決をしていく以外に方法はなく、その最終的・効果的方法が死刑であり戦争であるということを認めない訳にはいかないでしょう。

 戦争はひとまず置き、世の中の人殺しのことを考えてみましょう。最初に言いました通り、人殺しはいけないとして禁ずるのは平和を乱すからです。これ以上でも以下でもありません。この「平和」にすべての意味が込められているのですが、平和とは何であるかといえばそれは誰でも理解できる通り、「人々が仲良く暮らす」ということです。「人々」とはその社会の中のあらゆる人間関係が含まれるでしょう。つまり、親子、兄弟姉妹、夫婦、隣人、友人、学校友達、先生生徒、会社の同僚、上司と部下‥‥‥ときりがなく続く人間関係のことです。「仲良く暮らす」とはなにも年がら年中くっついてにこにこしている状態のことを指す訳ではないでしょう。笑ったり、楽しんだりもするでしょうが、相談したり、議論したり、命令したり、時にはケンカもしたりするはずです。要するに普通に暮らしているということですが、唯一殺すことだけは含まれないでしょう(もちろん相手が死に至る暴力、脅し、いじめ等も殺すことに含まれます)。従って消去法的な言い方をすれば、「平和」とは社会において罪もない人が理不尽に殺されないことが保障されている状態のことだと言っていいのでしょう。そしてそのために社会が設ける規則が憲法なのです。

もうここまで言えばお分かりになるでしょう。憲法の存在理由が「平和」なのです。憲法の条文でわざわざ「平和」を謳うまでもないのです。憲法が在ることが即ち「平和」なのです。

« 「性格」‥50 | トップページ | 「性格」‥52 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun
最近少し過ごしやすい日が続き、今日は少し暑くなりそうですね(~_~;)

平和って、難しいですね。
平和を感じるのって、何でも無い事かもしれませんけれど
穏やかで、毎日を過ごせることなのかな。
そこにはやはり、規律が有るから保たれているのでしょうね
最近の世の中若い子たちも、簡単に人を殺めてしまう
そんなニュースを見ると、切なく成ります。

今日は。
今日は少し暑さが和らいだので午後から遠出散歩をして、ジャズ
でも聞いてこようと思います。頭をカラッポにして音に浸る、これに
優る平和は今の私にとって他にあるとは思えません。notenotes

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/52513132

この記事へのトラックバック一覧です: 「性格」‥51:

« 「性格」‥50 | トップページ | 「性格」‥52 »