« 「ハチ」‥4 | トップページ | 「ハチ」‥6 »

2013年9月 2日 (月)

「ハチ」‥5

 少し硬い話になりますが、「ジャズ」とは何でしょうか。つまり日本ではこの音楽がどう定義・理解されてい

るのでしょうか。“日本では”と言うのは、どうも生みの親のアメリカで理解されているジャズのスピリット

と、日本で日本人の感性で理解されているジャズのスピリットが同じではなく、いわく言いがたい差異がある

のを感じるからです。これは一言で言えば“伝統文化としての音楽の歴史的差異”(また何と硬い言い方

でしょうか!)からくるものかも知れません。本場のアメリカでもジャズは一元的なものではなく、ディキシ

ーランドジャズ、スイングジャズ、ビー・バップ=モダンジャズ、フリージャズ、フュージョン‥‥と時代的

変遷と重ねあわせてジャズには幾つかの異なるスタイル=ジャンル=様式があるものとしています。これはそ

もそも言葉で説明するよりもその音楽そのものを聞く方が簡単に理解できると言っていいことなのでしょう。

 広辞苑で「ジャズ」を引くと「アメリカに発生した民衆音楽。黒人の民族音楽がヨーロッパ音楽と融合してで

きたもので、主にピアノ、トランペット、サキソフォンなどヨーロッパ音楽の楽器を用いる。アフター・ビー

トによる独特の力強いリズムを持ち、集団的即興演奏を生命とする」と出ています。また岩波の国語辞典で

は「アメリカの黒人の間から出た、不協和音の多い陽気な音楽。また、それに合わせて踊るダンス音楽」とな

っています。これらをつづめて言えば「アメリカの黒人がやる騒々しいが陽気でダンスもできる音楽」という

ことになるでしょう。ところがジャズを生んだアメリカにおいてこのような説明がされているなど聞いたこと

がなく、これらはみなジャズに対する日本人的理解を表現したものと言っていいでしょう。さらに楽律論的な

解説までいくと「ブルーノート音階の短調を基調とする音楽」と、ますます硬い言い方になってしまうのです。

 しかし先入観を捨てて私なりに素直に言ってしまえば、ジャズとは「もの憂げでリラックスした音楽」あるい

は「もの寂しく恨めしいあわれみの音楽」というものだと思います。そしてジャズの代名詞とも言えるモダン

ジャズの数ある曲の中でも、日本人にとってジャズの“taste”を最も典型的に理解させた曲が「モーニン」だ

と言った時にジャズ好みの人間のほとんどが賛成するだろうと思うのです。そう、あの“ジャズの伝道師:ジャ

ズ・メッセンジャーズ”(リーダーはアート・ブレーキー)の1960年代の日本で大ヒットし、日本のモダンジャ

ズブームの先駆けとなった曲です(作曲されたのは1958年です)。そして知る人ぞ知る、“裏通りで蕎麦屋の

出前が「モーニン」を口ずさんで通り過ぎた”が嘘のような本当の話としてこっそり語られたりしたのです。

アメリカのゴスペル音楽にインスピレーションを得て作られた曲と言われていますが、上で色々述べた定義に

もなるほど良く当てはまっているのではないでしょうか。ところがこの「モーニン」は日本でこそ大ヒット

しましたがアメリカでは特別に騒がれたわけではなく、ごく普通の“いい曲”の一つに過ぎなかったのです。

この点なども最初に述べたジャズに対する理解の質の日本とアメリカの彼我の差を示すものと言えそうです。

<アート・ブレーキー&ジャズ・メッセンジャーズの「モーニン」です>

Photo

http://www.youtube.com/watch?v=VKXsnDvILmI

« 「ハチ」‥4 | トップページ | 「ハチ」‥6 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
モーニン、お題は知りませんでしたけれど(~_~;)
お馴染みのジャズでしたねcdnotes
最近ジャズしか聞かないと言うお客様が、教室に来られています(#^.^#)
少しお話しあわせられそうな気がしますね(#^.^#)
お話有り難うございます(*^_^*)
私にはとても新鮮でとても楽しいですshine

お庭に来て頂いて、有り難うございました。
更に退会するような感じを与えてしまい御免なさいm(_ _)m
ココログへ来た時は、ブログを書くことが目的で、
一年勉強して止めようって思っていたのですけれど
ココで勉強した事や救われた事等が沢山有り。
感謝の気持ちで一杯です。
沢山良い人たちに触れると退会の二文字もなかなか口には出せないですね。
草笛がまだ50以上もあり、使い切るまでにもビンゴで増えそうなのでconfident
結構優柔不断ですね(・。・;
ご心配?頂き有り難うございました。

こんにちは。
イヤハヤ‥‥胸をなでおろしました。coldsweats01sweat02
人の話をよく聞かなかったり、誤解したり、間違ったまま突っ走る
といった老人ボケ症状が目立つ今日この頃ですが、「言葉」その
ものに過剰反応もしてしまうんですね。困ったもんです。‥(ノ_≦。)
na noriさんにはまだ伝えたいジャズ曲がいっぱいありますから、今
後も期待して下さい。ジャズが好きになるコツは5回6回、10回20回
繰り返し聴くことです。これ以外ありません。あと強いて言えば、特
定の楽器(ピアノ、トランペット、サックス、ベースそれからボーカルも)
の自分に一番合うものに凝るのもアプローチ方法です。早くジャズが
好きになれますよ。その好みも時間とともに変わって行きますが。
まあ無理なく気長にやって下さい。( ̄ー ̄)ニヤリ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/53111776

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハチ」‥5:

« 「ハチ」‥4 | トップページ | 「ハチ」‥6 »