« 「ハチ」‥29 | トップページ | 「ハチ」‥31 »

2013年12月27日 (金)

「ハチ」‥30

<靖国神社参拝について>

安倍総理大臣が靖国神社へ参拝したことで中国・韓国はじめ内外から批判をされていますが、そもそも確認して

おくべきこととして忘れてはならない点は次のことではないでしょうか。

・靖国神社が、明治政府によって、日本を近代国家として築き上げるために命を惜しまず尽力した人々を祀る

めに設けられた神社であるとすれば、それは古代から伝わる「神の情(こころ)」を敬う心情に基づく神社(出

雲大社、住吉神社、伊勢神宮など)とは一線を画したまったく別の神社であり、新興宗教(いわば“靖国教”)

と言えるものなので、その信奉者として自認した上で個人として(趣味として)参拝すればいいということで

しょう。あるいは分祀した神棚を家に置いて毎日拝めばいいのです。私個人としては、明治政府の“富国強兵

策”の一環としての靖国神社は疾うにその役目は終えたので歴史遺産としていわ“安置”すればいいものだと思

います。現役の閣僚が目の色を変えて(パフォーマンスとして)参拝する場所であるとは思いません。

・もともと古代から伝わる「神の情(こころ)」について、物心ついてから親しい感情を持ち崇敬の念を抱いて

いた人が、靖国神社の性格も理解した上で参拝をするのであれば、どのような立場であれ、誰からもそのこと

(参拝)を誹謗されることなどあるはずもないのです(信教の自由)。逆にそのような「神の情(こころ)」に

そもそも縁のない人が靖国神社に参拝してもまったく無意味で、その資格などないと言っていいのでしょう。

・自分がその意味でその資格がある人間かどうか、国会議員や閣僚は各々自分の胸に手を当てて見ればすぐに分

かるはずです。例えば自分の参拝に外部から批判があっても、自らの信条(習い事)として粛然と済ますだけの

ことで、その時に居直るかのように「国のために戦地で命を落とした人の冥福を祈ってどこが悪い」という物言

いは、高貴な精神生活を送る人からは決して出てこない言葉です。そのような物言いをする人にはその理由さえ

分からないでしょう。毎年ある時期になると与党議員や閣僚が何か取り繕うかのごとく参拝するのはこの例では

ないと言えるのでしょうか。「神の情(こころ)」にそもそも無縁でいた人が国会議員という「公人」になって

からわざわざ靖国神社に参拝するようになるなどというのは、日本人である私の目から見てもいかにも“いかが

わしさ”が垣間見え、ましてその時だけ“猛々しく”する人はただみっともないだけです。そのみっともなさが、

批判をさらに勢い付かせるのだということに気付くべきでしょう。

※ 高貴な精神生活と、「国のために戦地で命を落とした人の冥福を祈ってどこが悪い」という口吻とが相容れ

ないものだという価値観は厳然としてあるでしょう。参拝する資格がない人とは、このような価値観を持たない

ためこれが理解できない人のことです。

 

<「ハチ」とは関係のなさそうな内容が続きますが、私は「ハチ」にはどこかしら“神が棲む”と

思ってましたからこんな話もそう違和感はないのです。

ジャズ曲はカウント・ベイシーの「サテン・ドール」です。

そして散歩で撮ったススキの一種、サザンカ、暮れる池の風景です。>

http://www.youtube.com/watch?v=H2zKALs3NAE

Dsc_0677

Dsc_0680

Dsc_0683

Dsc_0689





« 「ハチ」‥29 | トップページ | 「ハチ」‥31 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんはnight
今日は一日雨が降っていましたけれど夜に成って
rainsnowへと変わりました姪っ子達は明日遊べると大喜びですけれど
仕事納めの私には積もらないで~って願うばかりです(#^.^#)
靖国神社参拝は私が言うのは生意気かもしれませんけれど
同感です
「国のために戦地で命を落とした人の冥福を祈ってどこが悪い」
という意思が心の中から有るのならば、何も靖国神社へ行かなくても
手を合わせ冥福を願う事は出来るはずです。
行けば反感を買う人が出て来て、もめる原因になる事は毎回
目に見えている筈ですよね。
それを強行してまで靖国神社で参拝しなくてはいけないのかなって思います。

今日のお写真綺麗ですね
ススキだと思っていたら違う名前がついてました(#^.^#)
山茶花の花も綺麗ですし、水面に写る冬も素敵ですshine

こんばんは。
na noriさんはいつも味方してくれますね。しかし時には辛口コメントして頂いても
いいのですよ。‥‥皆空さん今更それは言うべきではないでしょう、頭も老化しま
したね‥‥とか、遠慮なく言いたいことは言って下さい。そうでなくとも老人になる
と裸の王様でいたいと思い勝ちですから。対抗意見は大事なものなのです。goodflair
‥‥安倍総理は前回(第一次の時)の腰砕けの汚名を何とか挽回しようと随分背
伸びをしているようです。やはり少し“危ない”感じは否めません。しっかり補佐する
人間が回りにいるのか心配です。ニッチもサッチも行かない所まで行ってまた職責
を放り出す可能性を感じます。杞憂であればいいですが。‥‥ところで庭にお湯の
池が置かれましたから入りに来て下さい。ヘンなことはしませんからご安心を!spasmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/54402908

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハチ」‥30:

« 「ハチ」‥29 | トップページ | 「ハチ」‥31 »