« 「品定め」‥10 | トップページ | 山歩き »

2014年4月16日 (水)

「タモリ考」

 もう半月前のことで、331日のフジテレビ「笑っていいとも(夜の特番)」を我家でも見たのですが、後で

色々なコラムにタモリが最後まで“泣かなかった”ことが書かれていました。このこと自体がやはり“異例”な

ことだったのでしょう。確かに、普通の芸人なら最後に(いや、途中ででも)“感極まって号泣する”シーンが

あっただろうと思いますが、タモリは最後までそのような姿をさらすことはしなかったのです。逆に何人もの女

や男の芸人が泣きながらタモリに番組お別れの挨拶をしていたのですから、尚のこと泣かないタモリの“異質さ”

が目立ったのです。そしてタモリは最後の挨拶でも「自分のような、世の中を馬鹿にしくさったひねくれ者を長

い間応援してくれた皆様方に大変感謝申し上げます」と語り神妙に頭を下げていたのですが、涙ぐむような素振

りはまったく見せず、淡々とこれを行なったのです。そして、これがまたタモリの評価を高めたようなのです。

 私が思うにこれは、タモリは自分が“筋金入りの皮肉屋(cynicシニック=ひねくれ者とも言う)”であること

を告白し、それをあくまでも最後まで貫いていることを示したのでしょう。だからこそ涙を流すような“臭い芝

居”はする気にならなかったということでしょう。‥‥まだタモリがテレビに出るようになって間もない頃、自

らを“テレビのオモチャ”と自嘲的に語っていた基本的なスタンスは今に至るもまったく変わってはいないこと

を見せたというわけです。これは“計算ずく”ではなく、タモリの“こだわり”なのです。

 さらに政治番組でもなく、バラエティー番組に時の総理大臣が登場したというのは前代未聞で、これは総理大

臣が異質と言うより司会者が異質と言った方がいいでしょう。私には非常に不思議に思えることですが、これほ

どの皮肉屋(ひねくれ者)が何故、女・子供から政治家にまで幅広く好かれるのでしょうか。本当はタモリを

心底嫌いな人間は少なからずいると思いますが、表立ってこれを言う人間をまだ見たことがありません。これを

タモリの“人徳”とでも言えばいいのでしょうか。‥‥いや、やはり忘れてはならないのはタモリの独特の“話

芸の才能”(=話し言葉のユーモアのセンス)なのではないかと思います。ただただアクの強い皮肉屋というこ

とであれば、これは底抜けの嫌われ者となる可能性も大きかったはずで、この皮肉の毒気を帳消しにして余りあ

る“面白さ”を感じさせる何かをタモリが持っていたからこそ皆から好かれる人間であったに違いないのです。

そして、それが何であるのかは、いわく言い難いもので知るすべがなく、タモリの話・仕種から醸しだされる

一種の“雰囲気”だとしか言いようがありません。まさしくこれは「無形文化財」でしょう。

 私はこのまま行くとタモリは「国民栄誉賞」をもらう可能性があると思いますが、もしそうなったらその時ど

のようなことが見られるか楽しみです。‥‥ひねくれ者の“矜持”を示して辞退するか(イチローのように)、

逆に“無節操”のモットーどおり受賞した上でタモリ流のやり方でこれを戯画化してしまうか、今まで泣いたこ

とのない者があえて号泣する(という臭い芝居をする)か、‥等々色々考えられるからです。この賞の基準はど

うやら「まじめ一筋に一つのことをやり遂げ国民を感動させたこと」のようですので、これに当てはまりそう

な気がします。しかし、タモリはテレビに出る前の頃、面白半分に皇居(宮内庁)に電話して、「タモリ:天皇

陛下お願いします‥‥職員:陛下は公務中でございます」、この電話のやりとりを23度繰り返した後、最後

に「タモリ:あ~、天皇じゃがワシに電話がなかったかな?‥‥プツン、ツー、ツー、ツー‥」ということ

をやった“不敬な前科”があるらしいので(証拠はありませんが)、受賞の可能性はないかもしれませんね。

<バイト先の植物園の牡丹の花も咲きだしています。

それと先週末に山梨の「桃源郷」へ行った時のスナップで、辺り一面ピンク色でした。>12_234

1_22_3

3_24_2受粉はもっぱら人間の手で行われます

1_3(山梨では今、桜が満開です)

2_4(見事な大島桜です)

« 「品定め」‥10 | トップページ | 山歩き »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun
最近とても良いお天気が続いてます♪
春ですねぇ
お仕事沢山の四季折々のお花が見れていいですね(#^.^#)其れとは裏腹に
妹も大きな花屋さんにバイトしてた事が有ったのですけれど
手荒れするし、腰が痛くなってやめてしまいました
皆空さんは、植物園なのでもっと大変なのではないでしょうか
無理ない程度に頑張って下さいね
ところで、皆空さんのお勤め先をググってたら近くに平戸通りってありました♫
ペンネームはそこからかなぁflairだとすると近くにお勤めで良いですね♪

タモリの特番少しだけ見てました。その時は眼を指で少し拭いた様な感じでした
涙もろい人は泣くしそうで無い人はキッとギュッと我慢をしているのではないかなって
思いますconfidentあの方は皆の観ているタモリを演じているのかも知れないですよね
実際はどうなのかは、分かりませんよね。
最後まで何かを成し遂げれる事が出来る人って素敵な人生ですよねconfident

今日は。
最近の好天は異常で、どこかで“山火事”も起こっている位ですから、少し
崩れてくれた方がいいと思います。幸い今週末は一雨ありそうです。
植物園の仕事は慣れないと、足腰が痛み辛いものがありますが、半月が
過ぎて、何となくペース(コツ)がつかめて来ました。ただこれから暑さ本番
なので、“熱中症”予防を常に怠らないよう心がけて行きます。goodsweat01
ご推察どおり私は平戸☓☓丁目‥‥に居て、そこで“空言ばっかり吐いて
いるクソジジイ”というハンドル名です(職場は歩いて10分です)。flair(*´σー`)エヘヘ
ですから、私なりにタモリの心境が見当がつくように感じるのです(当って
いるかどうかは本当は分かりません)。ジャズで一脈通じる点があるのか
も知れませんが、それも定かではありません。
ただ、「本当にバカバカしいことを大真面目でやる、その滑稽さに人並み
外れたものがある」という点でタモリを見上げた男だとは正直思うのです。
国民栄誉賞はどうでもいいですが、死ぬまで目を離さず観ておきたいと
思わせる男ですね。eyethink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/55807399

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ考」:

« 「品定め」‥10 | トップページ | 山歩き »