« 韓国がタブーにする日韓併合の真実‥2 | トップページ | 紫式部のブラックユーモア(7) »

2014年6月 2日 (月)

韓国がタブーにする日韓併合の真実‥3

先般の韓国の旅客船沈没事故における、船長他の運行責任者に限らず、大統領以下、監督官庁、警察等に至るま

での政府中枢部の事故への取り組み様を見て、「この国は保たないのではないか」と感じたのは私だけだったで

しょうか。この国がかなり深刻な国情に陥っているのではないかとの疑念はもはや隠蔽しようがなく露見してし

まったからです。‥‥しかし、それは日本人が言うには“夜郎自大”(身の程知らず)に過ぎる言い方なのか

も知れません。かく言う日本もマッカーサーの押し付けた「平和憲法」を護持し続けていけばいずれ遠からず、

にっちもさっちもいかない深刻な状況に陥ると思われるからです。そしてチェ・キホのこの本にも日本にとって

耳の痛いことが書かれています。『‥今日の日本は、かって李氏朝鮮が臣従した中国に依存したように、アメリ

カを慕って国の安全を委ね、アメリカの属国になり下がっていると思う。これでよいのだろうか‥』と。李氏朝

鮮の歴史に学ぶべきはまず韓国であるのは当然ですが、これを他山の石として日本も学ばなければ進む道を間違

えますよと言っているのです。私は、チェ・キホのような人材が次々に輩出し韓国内で発言権を増していくので

あれば韓国はまだ捨てたものでもなかろうと思いますが、かっての李氏朝鮮の時代のようにこのような人材を圧

殺し続けるようでは、北側の国ともども、近い将来に崩壊の憂き目を見るのではないかと思います。

 最後に、少し横道にそれた議論になりますが、どうしても言っておきたいことがあります。それは、竹島問題

と従軍慰安婦問題が韓国によって持ち上がってから、作家の大江健三郎氏達が韓国を擁護し日本に反省を促す提

言をしていましたが、私には何とも“ピント外れ”にしか見えなかったというのが正直なところです。大江健三

郎氏(達と言うのは止めます。大江氏の個人的性格に収斂されると思うからです)の論拠はひとえに戦前の日本

の“アジア侵略”であり、従って反省すべきはもっぱら日本にあるはずだということです。これは既に30年ほど

前から日本の保守勢力によって“自虐史観”と揶揄されている立場で、これは「平和憲法(憲法九条)」護持の

立場にそのままつながっているものと言えます。私が“ピント外れ”と言う理由は、この立場が「☓☓史観」ど

ころか真の意味での「歴史観」を欠いていると感じたからに他なりません。歴史観とは、それなりに長い時代経

過を俯瞰して、その民族・国家の内部的、外部的な状況を分析した上で導き出す全体的な歴史判断というもので

しょう。大江健三郎氏の主張はこの観点が微塵もないと言わざるを得ません。大江健三郎氏の「歴史認識」とは、

単に言えば(簡単に言えるのです)、“戦前の日本は天皇制を核とした軍国主義国家で、アジアの周辺国に対

軍事的・経済的侵略に邁進し極悪非道の限りを尽くした国家であった”というものです。これは戦争終結後に

GHQが占領下で決めた“戦前の日本の振舞い”のことであり、歴史観とはまったく無縁で異質の、敗戦国日

を懲らしめるために戦前の日本の姿を“一括り”にしたものです。これを歴史観とは決して言わないでしょう。

私が極めて不思議で残念に思うのは、大江健三郎氏という戦後でも屈指の小説家が何故このような“一括り”の

見方に囚われてしまっているのかということです。少しでも冷静にこの“一括り”に対して疑問を抱くことがな

かったのか、あるいはそのように疑問を抱くことへの“個人的な抵抗感”でもあったのか、それとも反対に“自

分の思うことは決して誤らない”という絶対的な自信(私には“ヘンなこだわり”にしか見えないのですが、

れは盲信でしょう)でもあったのでしょうか。“イマジネーション”というものにあれほどこだわりを持つ作

であば、なおのこと不思議な観が拭えないのです。このような個人の性格の面のことは外部の人間には知

得るころではありません。しかし、私として大江健三郎氏に望むことは(大氏自身、自分の“発言力”を

なり頭に置いてのものであったのは疑いようがないので、それであれば)チェキホのこの本の内容一つ一

に反できるものがあれば是非やってもらいたいということです。

 私は、「日韓併合の真実」はこれまでこのような問題に対する判断に迷いがちだった私達日本人に対し、かなり

重要なインプリケーション(示唆)を与えてくれる内容を持っていると思います。そうであれば、これとまった

く逆の「歴史認識」を持つ大江健三郎氏には何らかのコメントをしてもらいたいと思うのです。 <了>

« 韓国がタブーにする日韓併合の真実‥2 | トップページ | 紫式部のブラックユーモア(7) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんはnight
韓国の旅客船沈没事故の時の
その時の韓国の行動は疑問を持ちます。
直後の救出支援の申し出も断り、結果大勢の方がお亡くなりに。。。
その時の判断を間違えなければきっともっと沢山の救出があったのではと
思わずにはいられませんね。
その後の2次被害。そこまで人を思いやる事の出来る人たちなのに
隣国の日本への気持ちも変わってくれたらいいのですけれど…
育った環境で人の考えや気持ちが変わる事は仕方の無い事ですが
韓国に限らず、世界では争いを起こしたり、企てている所が存在するので
どうか、考えを変えて見ませんかって言える物ならね(・。・;言ってあげたいです・・・

こんばんは。
あまり他所の国のことにまで口を出したくはないのですが
関係が歴史的にも密接な国のことであれば、むしろ言わな
い方が信義に反するのだと思い、言った方がいいのだと考
えたのです。
韓国も歪んでいますが、日本も歪んでいます。歪みの背景
はまったく違いますが、言語的ルーツが非常に似ている国
同士なので、感性は相通じる点が実は多いのです。
いわば似た者同士ですから、気が合えば兄弟の親近さが
生まれ、憎み合えばひどい近親憎悪を生むのです。
21世紀は親近と憎悪のどちらに振り子が振れるかですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/56387976

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国がタブーにする日韓併合の真実‥3:

« 韓国がタブーにする日韓併合の真実‥2 | トップページ | 紫式部のブラックユーモア(7) »