« 韓国がタブーにする日韓併合の真実‥3 | トップページ | 紫式部のブラックユーモア(8) »

2014年6月 8日 (日)

紫式部のブラックユーモア(7)

末摘花(すえつむはな)との付き合いも落着した翌年春、身重だった藤壺の宮は皇子を出産します(実は源氏と

の不倫の子)。帝は皇子が源氏に瓜二つなのを手放しで喜び(不義など露ほども知らず、兄弟なので似ても不思

議ではないと)、その一方で源氏と藤壺は驚愕し不安に打ち沈むのです(不倫の発覚を恐れ)。そして帝寵が一

段と増した藤壺と源氏との距離はますます離れていかざるを得ず、勢い、愛娘のように手元に置く紫の上への愛

着だけが増していくのです。そのような中で、正妻の葵の上は源氏が養女を引き取っているらしいことを聞いて

源氏に対してなお一層心を閉ざしてしまうので、どうしても葵の上の居所左大臣邸への夜離れが度重なってきて

しまうのです。‥‥すると“好き者”源氏の根っからの虫が騒ぎ出す仕儀と相なるというのは、誰でも考えつく

シナリオと言っていいかも知れません。

 その頃帝に仕える女房達は大勢いたのですが、家柄、容貌、気立てから教養に至るまで皆申し分のない女ばか

りで、年齢も若年から老年まで幅広く揃っていたのです。そんな宮中の生活で源氏は女達に気軽に声は掛けるも

のの本気になろうとはしないので、「真面目過ぎてつまらない」というのが源氏のもっぱらの評判だったのです。

 そんな中に、かなりな年配の典侍(ないしのすけ:天皇のそばで礼式、事務などをつかさどる女官)で、品格

もあって宮中でも重く見られていたのですが少し好色なところがあり思慮に欠ける女がいたのです。源氏は、こ

うも年を重ねながら何故ああも気が多いのだろうと興味を持って見ていたのですが、たまに源氏が冗談で冷やか

しの声を掛けたりした折には、女の方は自分を不似合いとも思わずその気で応えるので、あきれてそれ以上手も

出さないのを、典侍は逆に恨めしいと思っている始末なのです(‥今風に言えば、年をとっても色気を失わない

“熟女”というところでしょうか)。

 ある日、典侍が帝の御整髪の奉仕を済ませたあと、衣装もしっとりと優美な様子でそこはかとない色気を漂わ

せて一人で控えているところに源氏の君が居合わせて、こんな時は見て見ぬふりもできないもので、ふざけ心に

裳の裾を引っ張って気を引いてみたのです。すると派手な絵柄の扇で顔を隠しながら振り返った流し目が何とも

言えない色気があるものの、よく見れば黒ずみ落ち窪んだ瞼(まぶた)は重ねた年を隠すことはできず、源氏は

それで二、三言葉は交わしたものの拙いと感じ、人に見られないうちに立ち去ろうとしたのですが、典侍はそれ

を引き留めようと、「こんなせつない気持ちになったことはございません。この年になって私に恥をかかせるの

ですか」と泣いてすがろうとしたのです。この騒ぎを聞きつけて帝がふすまの奥から顔をのぞかせて、「堅物過

ぎて皆が心配していたのだが、さすがにそなたを見過ごしはしなかったね」とお笑いになると、典侍は気恥ずか

しいながらも弁解をすることもしなかったのです。

<梅雨入り前の今月初め、植物園の薔薇園でのスナップです。薔薇の名前には色々面白いものが

あるのを知りました。これらはほんの一部です。花の次に名前を並べています>

PhotoPhoto_2


111

2Photo_3

331

441

55152

661

771

991















































« 韓国がタブーにする日韓併合の真実‥3 | トップページ | 紫式部のブラックユーモア(8) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちはcloud
雨は如何でしょうか
関東甲信越では大雨でした。

読んでいると…もう終わり~って思いますよ(~_~;)
薔薇は綺麗ですけれどお手入れ、掃除が大変ですね
名前を覚えるのも大変そう(#^.^#)
お仕事頑張って下さいね
エンチャンティッド・イブニングが可愛いです♪

こんばんは。
今日は梅雨の中休みでしょうか。太陽も顔を出し蒸し暑い日でした。
今は花が咲き終わったつつじ、さつきの剪定・刈り込みが主な仕事で
大汗をかきながらの作業です。bearingsweat01sweat01
物語はまだまだ続きますよ。coldsweats01sign03
ブラックユーモアばかりでなく、いずれ“魅惑の宵”のバラが似合うよ
うな場面もご紹介したいものです。heart01wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/56441547

この記事へのトラックバック一覧です: 紫式部のブラックユーモア(7):

« 韓国がタブーにする日韓併合の真実‥3 | トップページ | 紫式部のブラックユーモア(8) »