« 「紫の上」‥‥若紫(2) | トップページ | 「紫の上」‥‥若紫(4) »

2014年7月25日 (金)

「紫の上」‥‥若紫(3)

源氏は、ある夜僧都の坊(部屋)に招かれると、僧都から少女の生い立ちを聞くこととなり、世話をする祖母

(尼君)が自分の老い先短さを悟っていて、孫娘(少女)の将来の身の上を心配しているという事情も聞くと、

この少女をぜひ自分の元に引き取りたいという強い思いの虜になってしまったのです。そして何とか尼君に

直談判して自分の願いを伝えるのですが、尼君の方は源氏の申し入れに大変驚き只々それを謝絶するばかりな

のです。‥‥それは当り前です。あの名高い光源氏の君が「娘を下さい」と言えばそれは「自分の寵愛する女

性として側に置きたい」ということを当然意味するからです。さらに返事に手間取るのも失礼なことになるの

で「大変ありがたく、喜んでお受けすべきお話ではありますが、何か話の聞き違いをされておられるようです。

私共の娘はまだいっこうにあどけない年頃で、とてもお相手などできるはずもなく、それを大目に見ていただ

けるものでもありませんので、とてもお承りすることはできかねます」と、尼君は取りつく島もない様子で対

応するのです。それでも源氏は「すべて(僧都から)詳しく聞き知った上でお願いしていることなので、私の

真意を汲んでいただきたい」と申し上げるのですが、尼君からはいっこうに気を許すような返事はありません。

その後、僧都からも口添えをしてもらったのですが結局受け入れられなかったのです。一方、幸いにも瘧病

(わらわやみ)はだいぶ癒えてきたこともあり、源氏は一旦京へ戻ることにしました。

往きと異なり帰りは、頭中将を筆頭に左大臣家の大勢の家臣が迎えに来たので閑静な北山の寺が仰々しくなり、

僧都や尼君は今更ながら源氏の権勢ぶりに目を見張り、女房達は源氏の君をひと目でも見ようと簾から身を乗

り出さんばかりなのでした。そんな中、若君(少女)は幼心に、何とすてきなお方かとご覧になって「父宮

(兵部卿宮)のお姿よりもご立派でいらっしゃるのね」などとおっしゃるので、お付の女房が「それなら、

あのお方のお子におなりあそばせな」と言うと、頷いて、そうなればどんなによいことかと思っていらっしゃ

るのです。その後は雛遊びの時には、これは源氏の君という風にこしらえて、きれいな着物を着せたりして大

切にしていらっしゃるのでした。

源氏はその足で宮中に参り、ここ数日来の自らの不在の経緯を父帝に奏上すると、父帝からは面やつれした源

氏を心底いたわる言葉を賜りながら左大臣に誘われて退出したのです。左大臣邸では婿殿の久し振りの帰還に

壮麗な間を用意して下にも置かぬ扱いなのですが、いちばん肝心な姫君(葵の上)はといえば、打ち解けた心

配の様子を見せるでもなく、気詰まりな風に流し目をくれるだけで、源氏にどのような労いの言葉をかけたも

のか考えあぐねている具合なのです。

‥‥今風に「性格の不一致」と言えば話は簡単でしょうが、紫式部は理由を明確にしないまま(高貴な地位・

家柄の政略的婚姻が原因とは明言しない)、葵の上の死の間際まで氷のような夫婦関係を描くのです。

‥‥私が思うに、葵の上はこの物語の設定上、源氏の生涯の伴侶となる紫の上の“引き立て役”として不

幸な役回りを負わされた(その意味で“物の哀れ”を体現した)登場人物だったのだろうということです。

これが良いとか悪いとかといった次元を離れたものだということです。

 

2ヶ月ぶりに鎌倉紀行のカルチャースクールに参加しました。今回は鎌倉のほぼ真東に位置する光触寺

(こうそくじ)を主とする十二所神社界隈を巡りました。この史跡の歴史的意義は一般にはあまり知られ

ていないと思われるのですが、美術史家の先生の説明を聞いていると、鎌倉は世界遺産認定を焦るのでは

なく、その前にこのような史跡の再評価に努めるのが何よりも先決事項であることを痛感しました。一般

的通念である“鎌倉は武家政治の発祥の地で、八幡宮と大仏があります”で簡単に説明が済まされるよう

な処では決してないのです!!!! ‥‥なぜ頼朝が京都・奈良から遠く隔たったこの地に日本全土を統治する幕

府を構えたのか‥‥その論理的・歴史的な説明が今だになされてはいないことほど不思議なことはないの

です。鎌倉幕府がなければ江戸幕府も生まれなかったはずなのです。‥思い切って言えば、日本の歴史学

の底の浅さが露見していると言わざるを得ないのです>

PhotoPhoto_2(光触寺)

3(開基 一遍上人)

5(頬焼ほほやき阿弥陀の縁起を語る僧正)7(頬焼阿弥陀)

13滑川源流近く

14滑川源流の滝

16夏の鎌倉海岸

17

















« 「紫の上」‥‥若紫(2) | トップページ | 「紫の上」‥‥若紫(4) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun
過ごしやすい日が続いていましたけれど
今日は雲一つない晴天で、夏~ですね(#^.^#)

一度では、あきらめない源氏
どうなるのかなぁ

久しぶりの歩き♫デスね
その帰りに海ですか♫
海も山もshine行けば気持ちがいいですよね
心身ともにリフレッシュですね♪

na noriさん
暑いですけど、お仕事続けていますか。
今年の夏休みはどちらへ? まだ考え中ですか?
思い切って北海道へ行くのもいいですよ。
何か読みたい本を1冊持って、日常を離れ冒険をしてみては?
北の果てで露天風呂にでも浸かって夜空の星でも眺めながら、
もう一度夢を見てみることです‥‥
‥‥すると岩垣のすき間から誰かに覗かれているような‥sign02
‥‥北海道ですからそれはヒグマでしょう(光源氏はいません)coldsweats01sweat02
sign01‥いつの間にか妄想を‥ゴメンナサイsweat01sweat01


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/56897771

この記事へのトラックバック一覧です: 「紫の上」‥‥若紫(3):

« 「紫の上」‥‥若紫(2) | トップページ | 「紫の上」‥‥若紫(4) »