« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

死刑廃止(2)

Ⅱ.死刑廃止について(反対論)

(ⅰ)人間の犯罪に対する死の刑罰は有史以来、古今東西あらゆる地域・社会で存続してきた、その意味で普遍

的な制度である。この制度の存在理由はその人間社会(国家)の維持存続のためであろう。死刑はその社会にお

いて重篤な犯罪を犯した者に対して加えられる最も厳しい刑罰(極刑)である。現在では死刑は殺人罪に対して

宣告される場合が多いが、社会(国家)によっては強盗や麻薬犯罪、政治犯罪、宗教犯罪等に対して死刑が宣告

されることも少なくない。それはそれぞれの社会(国家)が存立する歴史的な背景に基づいて、その意味で多様

な経緯の上で定められている制度と言っていいだろう。その一方、最近において西欧諸国を中心に死刑廃止を定

める国が増えてきている。さらに日本でも、ここに至って死刑廃止論議が出始めてきたのである。

 西欧諸国における死刑廃止の動きは、簡単に言えば、死刑を廃止してもその社会(国家)が維持存続できる

と国民が判断したからであろう。死刑廃止を国民投票で決めた国もある。しかし、社会(国家)の維持存続の可

能性などということは誰も予測のつかないことであるのも厳然たる事実である。それは現在に至るまでの世界の

文明の歴史そのものが示していると言える。そして、死刑廃止は必ずしも人道主義的な人命尊重の考え方からの

み導かれたわけではなかろう。むしろ出生率低下の問題に悩む社会が表出する一つの症状といった側面があると

言ったらうがち過ぎだろうか。それは言い方を変えれば、死刑廃止の動きはその社会に死刑を執行する気力が失

われている表れであるということである。社会保障が行き届いた先進国(それは少子高齢化の進む成熟国でもあ

る)ほど死刑廃止の動きが顕著であるのは、人道主義的人命尊重という表看板の裏側に、ある種の社会衰退を示

す兆候が隠れていると言えなくもないのではなかろうか。そして日本の死刑廃止論の高まりもこのような性格を

孕んでないとは言えないのではなかろうか。

 もし実態として、この社会の成熟化(少子高齢化)がもたらす社会の衰退化の兆候としての死刑廃止の動きで

あるとすれば(それを社会的な病状とすれば)、その社会の衰退に歯止めが掛かり社会が活力を取り戻すまでに

なるというのは本質論として容易なことではなかろう(そもそも死刑廃止が社会衰退の歯止めと結びつくわけで

はなかろう)。社会の活力回復のための手立てはまったく別の方法、別の分野でなされるものであろう。もちろ

んしばらく混迷した時代が続いた後に、偶発的な何かの出来事(例えば幕末のペリー来航のような)をきっかけ

にして再び活気に溢れた社会へ転換する可能性があるかもしれない。ただしその時は新しい社会が再び強権的制

度(死刑制度)を備えたものとなる可能性もまた逆にあるかもしれない。

(ⅱ)このようなことは、死刑廃止論の無責任性を指摘したいがためだけで言うのではない。死刑廃止論(少な

くとも日本では)が人道主義に基づくとの主張だけが目立つからであり、それは少なからず誤謬を含むものであ

って、そこには最低限見るべきものを見ていない、いわば盲目的な願望論という性格を帯びているからである。

例えば現在の死刑制度が社会に害悪を生じさせているのかという最低限必要な検証もないまま、海外の流れに惹

き起こされただけの(いわばムードに乗っただけの)議論として唐突に出てきているという印象は否めないだろ

う。最近の我国を悩ます防衛問題(沖縄米軍基地、尖閣列島、竹島、北方領土等)に対処する政府の(政権交代

があっても)姿勢の迷走ぶりを見ていると、問題の質としては一層重みを持つ死刑廃止論議に対し真に冷静な判

断ができる状況(国情)であるか、それがはなはだ心もとないと言わざるを得ないのである。残念ながら現在の

日本人にはこの判断能力はないと言う以外にない。従って、はっきり言えばこの問題は、もう半世紀位は先の、

今はまだ生まれてない未来世代の日本人に結論を委ねるほうがいいということである。今はそのための予備段

階として考えられ得る様々な角度からその当否の検討を開始し、議論を積み重ねていく期間だということであり、

さらにこの期限を定めなければならない性格のものではなかろう。これは根本的には問題先送りと言えるかもし

れない。しかしどう見ても決断能力(自己決定能力)を欠いているのが現世代の日本人であれば、少なくとも拙

速な決定だけは避けなければならないのが義務であろう(死刑存続の弊害が検証されてないのであるから)。

 国連が日本に対して死刑の廃止を勧告したというが、それは一体どのような論拠によるものだろうか。第二次

世界大戦における敗戦後、日本は平和憲法を制定し世界でも稀な戦乱と無縁な平和国家を構築し現在もこの体制

が持続している。もちろん平和とは言え犯罪は他国並みに起きている。しかし日本において死刑制度が社会不安

をもたらしているとか、犯罪の頻度を増幅させている側面などは認められないと言っていいだろう。死刑制度を

廃止すれば社会状況(犯罪面で)が必ず改善方向へ向かうという保証も根拠もなさそうに思える。要するに今の

日本において死刑廃止を早急に導入すべき国内的理由はないと言っていいだろう。従って、この国連の勧告は

日本の国内事情を見てのものではなく、国連の側の何らかの事情によるものであろう。それは一体何であろう

かという上の疑問に戻るわけである。今も世界で絶えることのない戦時的混乱の解決が喫緊の課題である現実に

おいて、今までのところ戦乱から遠ざかっている日本に対して、不意打ちを食らわすように死刑廃止を迫ること

は唐突で不可解であるとしか言いようがない。世界諸国の過半数で死刑廃止に踏み切り、これが世界の趨勢であ

るからというのが理由だと論ずるとしたら、これほど無意味な論拠はなかろう。このような趨勢はいつ方向が変

わっても不思議ではないものであり、その意味でいわば本質的に無定見・無責任なものと言っていいだろう。

 死刑廃止論議は本来的に人間道徳上の問題としてなされるべき論議である。果たして国連において、たとえ一

時期にしろこの倫理学的討議がなされたということは仄聞にして聞いたことがない。つまりこのような手続きも

なく出てきた勧告ということは、逆に驚くべきことであるということだ。もし、そうでないというならばその証

拠となる明確な事実(いつ、どこで、どのような内容の議論をしたか)を示してもらわなければならない。本当

の議論はその後であろう。

<先日、カルチャー教室で江ノ島古道を歩き、富士塚や昌清院(しょうせいいん)、其中山房(きちゅうさんぼう)

などを見学しました>

12

34他所にはない“枯淡さ”です

57十一面観音立像

14寺の裏には予想外の池がありました

8戦後間もなく、彫刻家イサム・ノグチが李香蘭(山口淑子)と住んだアトリエ「其中山房」です。竹藪の奥に北大路魯山人が設けた窯があります。

910






















 

2014年9月24日 (水)

死刑廃止(1)

何年か前に日本でも死刑廃止論議が起こったことがありました。国連から日本に対して「勧告」のようなことが

行われ、それをきっかけにしたことだったように思います。その時は、国内で本格的議論をするには“時期尚早”

で、今後の検討課題とするという形で収拾されたと記憶しています。国論を二分する大論争まで行かなかったと

思います。日本は死刑制度がある国ですから、このこと自体は事実上、死刑制度は賛成という意思表示であった

と言っていいでしょう。‥‥私は、この死刑廃止論議は今後何度も蒸し返されてくる問題であるように思います。

そうであれば、今から十分時間を費やしてこの論議を積み重ねておくことは決して無駄なことではなかろうと考

えます。日本人にとって、憲法改正(特に憲法第九条の見直し)が、国内的のみならず国外的にも容易ならざる

“高いハードル”となっていることに比較すれば、死刑廃止論議の方がまだ冷静に議論できるテーマであるよう

に思えるからです。憲法改正よりはよほど政争的利害関係から離れた形の論議が出来そうだからです。いわば

“世の中が平和の内に”論議を詰めておいた方がいいと言っても反対する人は少なかろうと思うのです。

 そこで、ここでは死刑制度廃止に対する典型的な賛成論と反対論を述べてみようと思います。両論併記するの

は、どちらも“筋の通った正論”が可能だからです。私の個人的な立場は最後に述べようと思います。

 

 

Ⅰ.死刑廃止について(賛成論)

 

 死刑廃止の本質とは何であろうか。それは人間が法の名において殺人を行なうことに対する道徳上の躊躇以外

の何ものでもない。「人を殺してはならない」ということが絶対不可侵の人間道徳の根本的原則であるなら、

による刑罰と言えども殺人(死刑)が許されないのは理の当然であろう。もちろん死刑だけでなく、戦争の殺人、

安楽死、嬰児堕胎、等も同じ資格で許されないことになろう。現在、民主主義が全世界の90%(?)を覆うまで

に普遍的制度に定着した状況下の死刑廃止の趨勢は、道徳的・人道主義的な人命尊重の考え方が根底にあること

は疑い得ない。民主主義・人道主義・人命尊重は同一線上に置かれるものと言っていいからである。

 それでは、何故人を殺すことが道徳上許されないのであろうか、あるいは人を殺すことを許さない道徳とは何

であろうか。言うまでもなく道徳とは人間が考えたものである。自然科学の法則や、経験とは無縁な(ア・プリ

オリな)人間の本能と位置付けられるようなことではない。つまり人間が発見する法則といったものではなく人

間が作りだした原則なのである。それは「神」の観念に劣らない至上の地位に置かれる「決めごと」と言えるも

のであろう。

 死刑は社会の維持存続の上での要請としての制度、基本的には殺人罪(国によっては政治犯罪や麻薬犯罪に課

される場合もあるが)に課される極刑として存在するものと言える。ところが、死刑の存在理由そのものから出

てくるのが死刑廃止であるとも言えるのである。何故なら上記の道徳的「決めごと」こそ社会の維持存続のため

にあるものだからである。つまり、死刑は人を殺してはならないという「決めごと」に本質的に矛盾することに

なるからである。人を殺してはならないという根本原則に違反した人をやはり殺してしまうことに矛盾があるの

は、子供でもそれと感じる矛盾であろう。そして社会における最も重要な「決めごと」に例外事項を設けたの

では、最終的にはその「決めごと」に対する信頼性は失われて(或いは低下して)しまうであろう。その結果

「決めごと」が事実上決めごとではなくなってしまえば社会に混乱が生じ、結局その社会の維持存続は危うくな

るであろう。つまるところ死刑廃止は民主主義社会から民主主義を維持するため論理的に導かれる要請なのである。

 従って、死刑廃止に異を唱えることは逆に民主主義を否定することに繋がるものだと言えるだろう。昨今の死

刑廃止論議において死刑廃止反対論を唱える人がこれを意識しているであろうか。それは極めて疑わしいと言っ

ていいだろう。彼らの口から出てくるのが道徳論議であったためしがなく、例外なく被害者を慮った感情論に終

始しているものだからである。それは古来からある「目には目を」の素朴的懲罰主義の発想から一歩も出ていな

いものであろう。そして繰り返して言えば民主主義と素朴的懲罰主義とは決して両立できないものなのである。

 

<夏の暑さも一段落したとき、目に入る白い花はことのほか疲れを癒してくれますね。ジンジャー、

センニンソウ、ヒガンバナ、等など‥‥>

Photo2

Photo_2Photo_3

Photo_4Photo_5

Photo_610














2014年9月 8日 (月)

「紫の上」‥‥若紫(7)

こうして源氏はさらってきた紫の上(姫君)を養女として自分の手元で育て教育していく態勢が整ったのですが、

それは文字通り養女であって妻としたわけではありません(妻にするのは4年後のことです)。しかし、紫の上

を将来の理想的な伴侶とすべく育てていく暮らしは源氏にとって、他の何にも代えがたい“心の拠り所”となっ

ていったのです。それにもかかわらずと言うべきか、だからこそと言うべきか、源氏の“好き者(ドンファン)”

振りがこれと時を同じくして発揮されていくのです。藤壺の宮との不義や末摘花への夜通いにとどまらず、あの

好色な老女、典侍(ないしのすけ)にちょっかいを出したり、右大臣家の娘(朧月夜おぼろづきよ)と関係を持

ったりしてしまうのです(この少し前には空蝉や夕顔への夜通いがあり、そもそもそれ以前から六条御息所(ろ

くじょうのみやすどころ)という運命的密通相手もいたのです)。そしてその一方で、正妻である葵の上との仲

相変わらず冷えたままなのです。‥‥紫式部が稀代の色男貴族を描こうとしたのは間違いありませんが、この

うなシチュエーション、筋書きにした意図はやはり不明であり、紫式部はこのように描きたかった、これが描

易かったからであろうと言う意外にありません。

 そして先回りして言えば、藤壺の宮との不義は発覚しなかったものの、朧月夜との不義はやがて発覚すること

となり、その後源氏が須磨~明石へと流れていく不遇時代への予兆が示されるのです。

その朧月夜との逢瀬はこんな様子で書かれています。‥‥源氏が20歳の春、宮中で桜の宴が催されたある夜更け、

酔心地である殿内を徘徊しながら‥こんな夜は男と女の過ちが起きそうだ‥などと思っていると、「朧月夜に

似るものぞなき♪‥」と和歌を誦じながら若い女が歩いてくるではありませんか。源氏は思わずうれしくなり、

女の袖をつかんで抱き上げると廂の間に連れ込んで戸を閉めてしまったのです(どういう手の早さでしょうか)。

女はふるえて呆然としながらも「人を呼びますよ」と言うと、「私のことをとやかく言う者などいないのです、

むだなことですよ」という声で源氏の君と分かると気が緩んでしまい、大人しくなってしまうのでした。

‥‥ややあって、そしてその時に交わした歌は

源氏《深き夜のあはれを知るも入る月の おぼろけならぬ契とぞ思ふ》

(あなたが夜更けの風情に感じ入られるのも、入り方の朧月を愛されてでしょうか。その月に誘われてやって来

ましたこの私にめぐり会うのも、ひとかたならぬ縁ゆえと思います)

さらに、「やはり名前を教えて下され。このまま別れてしまいたくありません」と言うと、

朧月夜《うき身世にやがて消えなば尋ねても 草の原をば問わじとや思ふ》

(不幸せな私がこのままこの世から消えてしまったら、名乗らなかったからといって、あなたは草の根を分け

てでも私を尋ねようとはなさらないのでしょうか)と返したりするうちに人の声がし始めたので、扇を交換した

だけで(契を交わしたしるし)源氏は立ち去ったのでした。

‥‥何とも刹那的な恋ですが、こんなことを繰り返していくのが源氏物語だと言って言えないこともないのです。

‥‥求めても求めても決して満たされることのないものを求めていく‥‥やはり、始めの所で述べました<帚木

ははきぎ(ほうきぎ):遠くからは見えるが近寄ると見えなくなる木>というテーゼが通奏低音のように流れて

いるように思うのですが‥‥。

 

<写真は昨年行った、常陸那珂(ひたちなか)海浜公園のコキア(ホウキギ)です。遠くでも近くでも良く綺麗に見えましたがね>

1

2

3

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »