« <番外編> 「時は金なり」 | トップページ | 「六条御息所」‥‥(5) »

2014年11月24日 (月)

「六条御息所」‥‥(4)

中秋の夜に夕顔の家に泊まったものの、間近に聞こえてくる隣家の男の話し声や枕元に響いてくる米を挽く

唐臼(からうす)の音、耳元に押し当てられたかと思うほどやかましいコオロギの鳴き声などが渾然となっ

て暗い寝所に響きわたってきます。源氏の君にとって、それはそれで物珍しくおもしろく感じられるのは、

やはり夕顔の姫君への深い思い入れのせいだったのでしょう。とは言うもののもっとくつろいだ所で女とゆ

っくりしていたいと思い、夜明け近くになって、ここから遠くない空き家で近頃目を付けていた何某(なに

がし)の院に牛車で場所を移したのです。これには夕顔のお付の女房(右近)も伴ったのですが、荒れは

てた門や言いようもなく木深い闇の様子がそら恐ろしく、夕顔にはだんだんと気味悪い気持ちが生まれてく

るのでした。そして朝露に袖を濡らして廃邸に入っていきながらこんな歌を詠むのです‥‥

源氏《いにしへもかくやは人のまどひけん わがまだ知らぬしののめの道》

(昔の人もこのようにさ迷い歩いたのでしょうか、私の今まで知らなかった夜明けの恋の道行きに)

夕顔《やまのはの心も知らでゆく月は うはのそらにて影や絶えなむ》

(山の端がどういう気持でいるのかも知らずに、そこに向かっていく月は、もしかしたら空の途中で姿が消

えてしまうのかもしれません)

‥‥源氏も少し不安を感じながらもまだどこか気楽さがある分、夕顔が心底から心細く怯え始めていること

にまで気が付いていなかったのです。

 日がだいぶ高くなってから二人は起きだして格子を上げ外を見ると、まったく荒れはてて人気もなく広が

る庭に、気味の悪いほど老い古びた木立や長い草に覆われた間垣などの光景が目に入ってくるのです。こん

なところだったとはと初めて源氏は驚きながらも、夕顔が今だに身元を明かさないにしても夕暮れの明るさ

の中で顔を見交わすほど馴染んできてひたと寄り添っていながら、何かに怯えてひどく怖そうにしているの

が、かえって子供っぽくていじらしいと思うのでした。そのうちに家来の惟光(これみつ)が源氏達の居場

所を尋ねあてて、食事の差し入れなどがあったので少しは気持ちも落ち着き、そのまま夕暮れになるまで睦

まじく過ごしていたのです。そんな時に源氏の心の中では、(最近足が遠のいている)六条御息所は悩み恨

んでいることだろう、あの深い心の奥底の重苦しさにひきかえ、この眼の前の女のおっとりと邪気のない愛

おしさはどうだろう‥と思わず知らず比べてしまうのでした。

‥‥そして宵を過ぎて、源氏はついウトウトした時に夢うつつの中で一人の美しい女が枕元に座っているの

に遭遇します。その女は源氏が来てくれない恨みつらみを言い「こんなどうということもない女を可愛がる

なんて!!!!」と言いながら源氏の傍の女を引き起こそうとします。‥何ぞに襲われるような気がしてはっと目

覚めると、灯火も消え失せ真っ暗闇です。ぞっとして気味が悪いので、太刀を引き抜いて側に置き、右近を

呼び起こすと右近も怯えた様子で源氏の側に寄ってきます。その間夕顔の姫君はわなわなと震えて正気も失

せている有り様です。誰かを起こそうとして手を叩いても山びこが響くだけで何の返事もありません。西

妻戸を押し開けると渡殿の灯は消えていて風が少し吹いているだけで人気もなく、お付の者は皆寝てしまっ

ているらしい。ようやく院の番人の子の若い男が起きてきたので「紙燭(しそく)を点けてすぐに持ってま

いれ、惟光朝臣が来ていたようだがどうした」とお尋ねになると「まいっておりましたが、特に仰せ言もな

いので、朝早く参上する旨申して退がりました」と答えて番人の部屋へ去っていったようです。源氏は部屋

に戻って手探りで二人を探ってみると姫君は先刻のように伏したままで、右近はその傍らでうつ伏せになっ

ているのです。「これはどうしたことだ、これほどまで怖がらなくともよい。こういう荒れた所では狐のよ

うなものが人を脅かすことがあるのだろう。しかし私がいるからもう脅かされたりはしない」と言って右近

を引き起こすと「もう気分がおかしくなり、どうにもうつ伏すしかなかったのでございます。それよりお方

様のほうが心配でございます」と言うので急いで姫君を探ると、もう息もせず正気を失っている様子なので

す。じっさいひどく子供子供している人なので物の怪に気を奪われてしまったのだろうかと揺すってご覧に

なるものの手を下すすべもないのです。やっと若い男が紙燭を持ってまいったもののぐずぐずして近寄らな

いので「何をしておる、遠慮も時と場合によるぞ!」と灯りを取って姫君の方にかざすと、ついその枕元に

夢に出た女の幻が見えてすぐに消えたのです。昔物語などにこそこうしたことを聞いたことがあったがまっ

たく無気味で異様なことだと思いながらも、姫君の様子が心配で寄り添って「これこれどうした」と起こそ

うとしたのですが、息はとうに絶えてただ冷え入っていくばかりなのです。何とも言いようがありません。

がりを言ってはいてもまだ年若な源氏はどうしたらいいか分からず、ひしと姫君を抱きしめて「あが君、

き返っておくれ。私を悲しい目に合わさないで」と仰るばかりで、あまりに急な成り行きに茫然自失の体

だったのです。

 

<何の変哲もない近所の風景です>

3_5


4_3


夕顔はおはてきますすでうすでんな

« <番外編> 「時は金なり」 | トップページ | 「六条御息所」‥‥(5) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♫

読んでおられる方はほかにもおられると思いますけれど♫
よくよく考えると、長文を纏めてブログに書かれるのは
大変な事だと思うのに、私にはタダで勉強させて頂いている気分です♫(*^。^*)
いつもお話しありがとうございます~

何てコメントを書いたはずでした(~_~;)
遅く成ってすみません♫
近くのお写真にももう冬ですって感じがしますねsnow
今週は寒波が訪れそうですので、
ご自愛して、暖かくしてお過ごしくださいねぇ

今晩は。
私の退屈なブログに「いいね!」をしてくれる方は5、6人いらっしゃいます。
贅沢を言えば、簡単でもいいからコメントが欲しいですね。コメントは相変
わらずna noriさんからだけです。ありがたく、感謝していますよ。happy01sign03
でも、私のブログ読んでも「源氏物語」を読んだことにはなりません。誰かが読
んだ本の感想文を読んでも、その本を読んだことにはなりませんからね(勉強
させて頂きましたと言われると、お世辞でも嬉しいですがねwink)。
それなら普通に面白い本についてのブログを書けば良さそうですが、そういう
時は、ブログにするまでもなかろうと思ってしまうんですね。何故でしょうか、不
思議ですね。例えば、今、夢枕獏の「神々の山頂」を読むのに熱中してますが、
その感激を他の人にブログで伝えたいとまで思わないのです‥‥
極端にプライベートな話は他人に伝えるのは遠慮しますが、それと同じでしょう
かね。‥‥でも、面白いジャズを教えたりするのも、個人的な好みを押し付ける
ことになりそうですよね。‥‥だとすると私は図々しかったかも知れませんね。
‥それにしてもここまで読んでもらってるんだから‥‥あ、もういいかcoldsweats01sweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/58078961

この記事へのトラックバック一覧です: 「六条御息所」‥‥(4):

« <番外編> 「時は金なり」 | トップページ | 「六条御息所」‥‥(5) »