« 「源氏物語」の読み方 | トップページ | 「六条御息所」‥‥(9) »

2014年12月28日 (日)

「六条御息所」‥‥(8)

加茂神社の大祭が過ぎて暫くして、源氏の正室の葵の上の出産もいよいよ間近になっていたのですが、この頃から葵の

上は執拗な物の怪に悩ま されるようになったのです。大切な北の方のおめでたなので、源氏も心底から心配になり、名の

ある修験者(しゅげんじゃ)に安産のための加持祈祷をさせるなどして、例の夜歩きなどはおろか、(紫の上をかくまう)二

条院にもめったに来られなくなっていたのでした。物の怪は修験者の調伏にも ひるまず、執拗に葵の上の体にぴたりと

取り憑いて離れそうになく、女君は病に臥せったかのように、たださめざめと声を立てて泣くばかりで、時々 胸をせき上

げては堪えがたそうに苦しむ様子で、これはどうなってしまうのかと、左大臣家では誰もが、うろたえ騒ぐのでした。

 一方その頃、六条御息所は、あの大祭での屈辱的な出来事の後、ずっと精神が不安定なまま体の加減が悪い状態が

続いていて、常の屋敷から他 所へ移って、加持祈祷に浸る日々を送っていたのです。源氏はこれを聞きつけ、いたわし

い気持ちになって、お忍びで御息所を訪ねてきたのです(この時すでに“車争い”のことは聞き知っていて、何とも気の毒

なことと思っていたのです)。源氏は、このところの心ならずの無沙汰を許していただく べく、縷々申し述べながら、(噂な

どで存じているはずの)葵の上の今の容態のことをお分かりいただけるよう訴えたのです。そして、いつもと違って いかに

も痛々しい御息所の様子を、それももっともなことと、愛おしい気持ちになって見守るのでした。

 そして、打ち解けることもないまま、 明け方近くに帰っていく源氏の君を見送りながら、その姿がまた見事であるにつけ

ても、御息所は、この君を振り捨てて田舎へ下ってしまうことなど、 とても無理なことだと思わずにいられないのです。しか

し、この君の大切な方のご懐妊とあっては、ますます自分とは縁遠くなり、この君のお越しを 待ちわびる心の苦しみは、

一層大きくなるばかりなのだろうとも思うのでした。‥‥そして夕方になって届いた源氏の君からの手紙に、「少し良くな

ったように見えた病人が、また急にひどい容態になりまして、手が離せませんので‥」とあるのを、いつもの言い訳と思

いながらも、

《袖ぬるるこひぢとかつは知りながら 下り立つ田子のみずからぞ憂き》

(袖の濡れる泥(こひじ=恋路)と分かっていながら、その泥の中に踏み込 む農夫のように、恋の路に踏み込んでしまう

私は、我が身のつたなさが思われてなりません) と、見事な筆跡の歌を返されたのです。源氏の君からのご返事は、す

っかり暗くなってからでしたが、

《浅みにや人は下り立つわが方は 身もそぼつまで深きこひぢを》

(あなたは浅い所に下り立っていらっしゃるのでしょうか、私の方は身がずぶ濡れ になるくらい深い泥(こひじ=恋路)に

踏み込んでいますのに) とあったのです。

‥‥久しぶりの源氏―御息所邂逅の場面の挿話も、こうした和歌の贈答の形で締めくくられるのです。

<24日に所用で横浜港まで行ってみると、日本最大の客船、飛鳥Ⅱ(Asuka 2)が大桟橋に停泊していました>

Dsc_2219

Dsc_2206さすが、50,142トンです、でっかい。

Dsc_2208

Dsc_2209

Dsc_2212_2

Dsc_2214

« 「源氏物語」の読み方 | トップページ | 「六条御息所」‥‥(9) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♬
愈々大晦日となってしまいました(^_^;)
今年も沢山有り難うございました♪
とても楽しかったです~
沢山の写真や源氏のお話も、続きはまだかなぁって思う時もありました(*^_^*)
ジャズも有り難うございました~教室で好きな方がいらっしゃるので、たまに
教室でも流しています(#^.^#)
大桟橋は行きたかったのに行けなかった場所で
必ずいつか行きたいって思っている所です♪
遠くに見えるランドマークもインターコンチも懐かしく思います~
お友達に横浜の風景をまたにブログにUPして下さる方がいるので♬
いつまでも忘れずに居られます(#^.^#)
船はいつ観ても壮大ですね
見ているの好きですよ~

今日からまた寒く成ると言っていますので
どうぞ、ご自愛し楽しく年始をお過ごしくださいね~
そして、健康で穏やかな年に成ります様にshine
来年もどうぞよろしくお願いします~confident

今日は。
そう言えば、na noriさん横浜に遊びに来たことあったんでしたね。
インターコンチに泊まったんでしたっけ?あちこち歩いて足が痛く
なったけど、「ちぐさ」にも足を運んだんですよね。私も今日あたり
ブラリと「ちぐさ」を覗いてこようかなと思っています。夜遅くなると
カウントダウンが始まり、若者が押しかけるので、その前に帰りま
すがね。マゴマゴしてると交通渋滞で帰れなくなりますから。多分、
下の娘は誰彼と赤煉瓦か山下公園辺りに居るんでしょうがね。
na noriさんは紅白を見るんですか? やはり北島三郎は出ないで
すね(どうでもいいんですが)。
来年は、ブログも「源氏」の次のテーマを探そうと思います。
また、楽しくコメ、ツブ交したいと期待しています。では良いお年をhappy01shinegood

jinsei_tanoshiku_yoshiko@yahoo.co.jp
PCのアドレスです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/58405409

この記事へのトラックバック一覧です: 「六条御息所」‥‥(8):

« 「源氏物語」の読み方 | トップページ | 「六条御息所」‥‥(9) »