« 「六条御息所」‥‥(7) | トップページ | 「六条御息所」‥‥(8) »

2014年12月24日 (水)

「源氏物語」の読み方

「源氏物語」をどう読むのかは、もとより人それぞれです。例えば、まず何よりも和歌が目を惹きます。54

(じょう:巻に当たる)からなるストーリーの中に何と800首に近い和歌が、味わい深くちりばめられている

のです。紫式部の文体を起承転結として見れば、「結」の部分を和歌が引き受けているケースが圧倒的に多い

ことに気が付きます。まるで和歌へと至るために、文章が前書きされているかと思えるほどです。これが最初

から最後まで一貫して変わらないのです。この和歌には引歌(ひきうた:先人の歌を参考にして詠んだ歌)も

多いとは言え、どれをとっても極上級の出来栄えのもので、これだけでも紫式部の才能を認めざるを得ません。

 だがそれにも増して、賛嘆しないわけに行かないのは次の点でしょう。それは、これだけの長編でありながら、

単に奔放な恋愛劇にとどまらず、近代の先を行くまでの小説論や哲学性まで加味させた上に、展開されるスト

ーリーに散漫さがまったくなく、全体として筋のまとまりの良い完璧な仕上り品だという深い読了感までもた

らすのは、そこに誰も真似のできない驚くべき構想力があったと言う他ないのです。日本の1,000年を超える

文学史上、この懐の深さという点で、未だこれを超える小説はないだろうと思います。西洋を展望しても、

「心理小説」というジャンルを仮定した場合、これに伍すると言えそうなものは、私の知る限りでは、ドス

トエフスキーとプルーストくらいです。そして、私達がこの源氏物語を十把一絡げに纏められるなどという

ことは、とてもとても、できるものではないでしょう。

 しかし(だからこそ?)、その読み方の中で、作者紫式部の出自や身分、生活環境に焦点を合わせて解釈しよ

うとするものが数多く見られるのですが、私はこれにはどうも感心しません。「フ~ン、そんな風に読むのか」

とは思うものの、それはそれを言う人の度量や性格が透けて見えるだけで、それ以上のことはまずありません。

源氏物語研究家(大学の先生達)や一部の作家の中にいる、“源氏物語(紫式部)を飯の種にしている”人達

は、これはまあ、仕方がないのでしょう。ただ、それを聞かされる方からすれば、そんな論点などほとんどど

うでもいい話です(近代の小説家で、少し似た扱いを受け勝ちなのは、夏目漱石でしょうか)。

 また、源氏の様々な恋愛遍歴を、紫式部自身の性欲を昇華させようとしたという見方があるようですが、私は

これにはさらに輪をかけて感心しません。これが、例えば「哲学は結局のところ、性欲の変形だ(昔、三島由

紀夫が言った言葉です)」と言われれば、「なるほど、それは言えそうだな」という感想を持ちます。この場

合は、いわば体感と認識とが一致した、スッキリした感じがあるからです。しかし、源氏の恋愛遍歴を描くこ

とが、紫式部の性欲の昇華(変形)と言われると、違和感の方が先立ち、(なるほどという)スッキリした納

得感はありません。それが本当に性欲の昇華(変形)であれば、それにより作者(紫式部)のスッキリ感が滲

み出て、読む側に伝わってくるはずですが、果たしてそれがあるでしょうか。私には、逆に主人公(源氏)

の悩ましさがますます嵩じてくる印象が強く、これはそのまま作者(紫式部)の心境として伝わってくるので

す。つまり、紫式部自身も同時に、悩ましい心情に陥っているという感じこそすれ、紫式部が自分の中に潜む

性欲をバネにして、源氏の奔放な振舞いにイメージを展開させているような印象はどこにもないのです。そし

て、いわゆる“溜飲を下げた”と言う印象を読者に最も濃厚に与える箇所はと言えば、源氏が“身から出た

錆”で、須磨から明石へと流れて不遇が続いたものの、その後に、明石の入道一族との邂逅や住吉の神の庇護

もあって、とうとう都に凱旋して行く場面であって、この辺りの紫式部の筆致は冴えわたっています。

 紫式部は、光源氏を使って自分の内面の“憂さ晴らし”をしているのではなく、やはり(本居宣長が言うよう

に)“もののあはれ”(という普遍的なもの)を、何よりも語って伝えたかったのでしょう。そしてその

際に、和歌を、縦横無尽に操ることのできる表現手段として紫式部は具えていたというのが、一番当てはまっ

ていると私は思うのです。

 もちろん最初に言った通り、源氏物語の読み方は人それぞれですから、上のような読み方が間違っていると

までは言いません。しかし、源氏物語を書いた紫式部の動機を、性欲の昇華とか、実生活の憂さ晴らしだなど

と言えば、それこそ、あの世でそれを聞いた紫式部は、怒りだすどころか失笑することでしょう。


« 「六条御息所」‥‥(7) | トップページ | 「六条御息所」‥‥(8) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♫
Merry Christmasですねxmas
プレゼント用意されてましたかぁ(*^。^*)

閲覧IPを見ておられると思うので分かっているかもですが(#^.^#)
前回も閲覧していたのですが、コメに至らず御免なさい。
とっても忙しいこの1週間でした♫
教室のイベントが有り、準備と昨日、一昨日は夜中3時までお仕事してました(#^.^#)
今日も教室を開けていますけれどね♬
やっと落ち着く事が出来たので、できれば今日戻るつもりです♪

材木座海岸に映っている方は、皆空さんでしょうかぁ
忙しく動いてる合間にスナップ写真を見てました♫
生憎の雨の様でしたけれど、風邪などひかれませんでしたでしょうか
お気を付け下さいね♬

Merry Christmas Miss Na Nori lovelysign01
プレゼントはこの言葉だけです。ウヘヘcoldsweats01キザ !!!!!!!!!!!!!
私もこの2週間は忙しかったです。バイト8日、忘年会3日、
カルチャー2日、身体検査1日‥‥すべてマイペースである点
がna noriさんとは大違いですねsmilegood
材木座の波打ち際でサーフパンツで私がつっ立ってたら、それ
こそ“年寄りの冷や水”ですよ(ノ∀`)アチャーsweat01
毎日、アルコールでうがいしているから、最近は風邪など引い
たことないですscissorsgood!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/58362470

この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語」の読み方:

« 「六条御息所」‥‥(7) | トップページ | 「六条御息所」‥‥(8) »