« 短歌 | トップページ | 短歌 »

2015年4月 2日 (木)

21世紀の資本

21世紀の資本  トマ・ピケティ著―みすず書房―

 久し振りに読み応えのある経済学の本が世に出ました。この本の主要テーマ

「富の分配と格差の研究」です。これはひょっとするとAスミス「国富論」、

マルクス「資本論」、ケインズ「一般理論」に匹敵する経済学の本に位置付け

られるかも知れません。ただ、世界的な「格差問題」が落ち着く目処が立たな

いうちは、この本の評価が定まらない可能性も大きいかも知れません。

 日本で「格差」というのが人口に膾炙するようになってから10年ほどたつの

でしょうか。「格差社会」が例の“流行語大賞”になったのが2006年だという

ことですから。「格差」のもともとの意味は、価格、資格、等級の差(岩波辞

典)のことですが、最近はもっと生活実感が込められて、この言葉が使われて

いるような気がします。「格差」がこれほどまで世の中で意識されるようにな

ったのは、やはり長期不況(デフレ)のせいなのでしょう。経済成長率が高く、

バブルも生まれていた時代には、私達の日常の生活においてそれほど実感(す

る必要)のない、概念だったと言っていいでしょう。

 この10年間にしても「格差問題」は心情的に理解はされても、客観的裏付け

を欠き、説得力がもう一つないまま、専ら政治的プロパガンダに使われてきた

印象が強いのです。これまでに格差分析に真正面から取組んだ社会科学書が目

立った形で出てこなかったことは、考えてみれば不思議なことでした。その理

由は、一言で格差と言ってもそれを客観的なデータで裏付けることが容易では

なく、またそれに取り組むだけの意気地を持った専門家など(殊に日本では)

育たなかったからでしょう。

 しかし、やはり出るべくして出るものはあるということでしょう。これだけ

詳細で分かり易いデータを(しかも多くは、主要国の18世紀末~21世紀初まで

200年強をカバーしており、この労作の部分がこの本の文字通りの肝です)

具えた本が書かれると、「格差問題」にまつわる雰囲気が世界的に大きく動き

出す可能性まであると言えそうです。

 ただピケティ自身は、この本は不完全な解答しか示してないと謙虚に述べて

いますし、細かな内容面では、オヤ?と思う点はあります(例えば、公的債務

の解消策の一つにインフレを挙げてますが、国家が自ら作った債務を、自らイ

フレを現出させて、借金棒引きしようとするのは、疑問なしとできるのでしょ

うか。20世紀の歴史的実績は、この本でも繰り返し強調している通り、二つの

世界大戦による副産物(結果論)だった訳で、そうであれば、果たして意図的

に同じ方法が採れるものでしょうか)。

 しかし、最も重要な本書の論点は、ドラスチックな累進課税を骨子とする富

の格差是正策の提言です。これほど明快かつ論理的整合性を以って、これが自

国に対して突き付けられた時に(対象は日本も含まれる主要先進国政府です)、

誰であれ迂闊な反論をすれば、反論自体の稚拙さが逆にあぶり出されてしまう

だろうという予感も強くするのです。大袈裟でなく、世界でこれから当分の間

目の離せない本であることは間違いないでしょう。

« 短歌 | トップページ | 短歌 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんはニ
格差問題、難しいお話ですが内容には興味あります
詳細で解りやすいデータがどうなっているのか
覗き見したいです(^ ^)

na noriさん
こんばんは。この本5500円(+税)と少々高いです。そのうちアマゾンに
中古本が出るかもしれませんが‥‥。bookhappy01
あとデータは http://cruel.org/books/capital21c/ に載ってます。
本文と併行して見ていくのは少々忍耐力が要りますが。
ぜひトライしてみて下さい。smilegood

こんにちは~
データURL有り難うございました(#^.^#)
早速覗き見してきましたけれど、難しい~って思いました(^_^;)
それでも見ていると、ほ~って感じです♬
皆空さんも3月でお仕事を一旦お止めに成れてたのですね(#^.^#)
お疲れ様でした✡
これからは山歩きやスクールを楽しんで下さいねぇ

私は、初めてインストに成った教室を
叔父と開いた教室を続けながら通っていたのですけれども
そちらの方を3月で長期休暇と言う形で止めました(#^.^#)
お客様からまた戻ってくるようにと暖かい言葉を沢山かけて頂いたり
頂物をして、感極まりました幸せな仕事です♬
有り難くって感謝の日々でした
また、お手伝いに戻る時もあるかもしれませんけれども

これからは叔父との教室だけで頑張って行きます~shine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/59497129

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の資本:

« 短歌 | トップページ | 短歌 »