« 短歌 | トップページ | 短歌 »

2015年6月22日 (月)

短歌

梅雨のうちに夏至が来ちゃいました。蒸し暑くもなくヒンヤリとす

るくらいです。こんな時は、風呂にでも入ってから、あれやこれや

歌をひねってみるのも一興です。季語も要らず、31字(音)の散文

で、言いたいことを言いおおせられる点が、俳句より易しい感じで

す。

スナップは散歩で見たナニガシの花です(!!!)(名前忘れました)

 

 

 

6月の不透の空と雨と陽と 今が我が時ブーゲンビリ

 

 

 

梅雨空にヒメジョオン群れ咲く小径 ピチピチチャプ

チャプ園児がいくよ

 

 

 

蝉がすむいつのまにやら耳の奥 名づけはせぬが子

のごとし

 

 

 

12


34


56











« 短歌 | トップページ | 短歌 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/60478084

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌:

« 短歌 | トップページ | 短歌 »