« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

短歌

一昨日はカルチャー教室の鎌倉散歩があり、滑川(なめかわ)沿い

の寺々、遺跡を巡りました。夏の日差しが戻り少々暑かったほどで

したが、清々しい空気はすでに秋の気配が漂っていました。私達の

グループに東京から来たという人達も加わり、熱心に先生の話に耳

を傾けていました。そして散歩終了後の二次会でのビールはいつも

以上に腹に染みたものです。

スナップは鎌足稲荷だけです。

5_2

4_2「鎌倉」の地名縁起が書かれています

 

 

浄妙寺の東の山に鎌足稲荷と呼ばれる祠(ほこら)があります。

鎌足とは飛鳥時代に活躍した政治家の中臣鎌足です。中大兄皇子

(後の天智天皇)の重鎮として大化の改新をなし遂げ、その勲功に

より鎌足は死ぬ間際に天智天皇より藤原の姓を賜り、これが平安時

代に至る最大の氏族藤原氏の走りとなったのです。

ある時この鎌足が常陸国の鹿島神社に参詣の所用の途中、由比ヶ浜

に泊った時に見た夢の霊験から、肌身離さず所持していた鎌をその

地(大蔵山)に埋めたのです。これが後の『鎌倉』の地名の起こり

とされています。

 

 

鎌倉の名を今残す鎌足や 藤原始祖にて改新果たす

 

 

 

その鎌足は万葉集に歌も残しています。

われはもや安見児得たり皆人の得難にすとふ安見児

得たり (私は安見児(やすみこ:天皇の側女・采女)を得た、皆が

手に入れられないと言っていたあの安見児を得たのだ)‥‥ウィキ

ペディアより略出

 

当時天皇に仕える安見児への恋慕は命と引き換えの禁忌ごとでした

が、天智天皇の覚えがよい鎌足には特別な計らいがあったようです。

鎌足の嬉しさにあふれた気持ちが伝わってくる歌です。

2015年8月23日 (日)

短歌

 

人様の哲学ブログに少々頭を突っ込んでしまい、自分のブログを

れてしまいました。どうせなら短歌も哲学っぽいものを詠んで

みましょう。哲学っぽいだけで哲学ではありませんが‥‥

 

スナップは、いつも行っている遊園地です。

 

 

 

 

 

誰もいう今とは何か 生きている今ここにいる思いの

 

ことか

 

 

 

 

 

ここというこことは何か 立っている私の周りのこの

 

空間か

 

 

 

 

 

今ここは誰にとっても今ここか 私の今もあなたのこ

 

こも

 

 

 

 

1


2


34





 

2015年8月 9日 (日)

短歌

心頭を滅却すれば火もまた涼し、とかいって本当に火にあたったり

すれば間違いなく熱中症になって救急車で運ばれることになりま

す。せいぜい“恋”でも想って心を熱くする位がいいでしょう。

え?老人が暑さで色ボケになったって?‥‥ウ~ン、そうかも知れ

ませんね!!!!!

スナップは、先週の由比ヶ浜の風景と家の近所で見たセミの抜け殻

です。恋の曲も付けておきます(ピアノと歌)。

 

 

あはれかな叶うことならもう一度 労せずしてなる

恋を願いし

(本気かね?)

 

 

労しても労せずしてもなる恋は もはや去りけり山

の彼方に

(そんな良いこともうないよ)

 

 

このままあなたがそばにいればいい 恋の気分でエ

ロール・ガーナー(In the mood for love)

(やはり暑さのせいだ‥‥)

https://www.youtube.com/watch?v=6KuOS1DEVXU

https://www.youtube.com/watch?v=yezEgD0TmB8

12

3

45











« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »