« 短歌 | トップページ | 短歌 »

2015年9月26日 (土)

短歌

 

シルバーウィーク明けの24日にカルチャー教室で鎌倉の東慶寺を

訪れました。この寺は北条時宗の夫人覚山志道尼が夫の死んだ翌年

1285年(弘安8年)に開創しました。覚山志道尼は息子である

執権北条貞時に願い出て縁切り寺法を設ける勅許を得ました。以来、

1871年(明治4年)の廃仏毀釈によりこの寺法が廃止されるまで、

女性の方から離縁できる“駆け込み寺”として封建時代には希少な

女人救済の寺としても名高い地位を守ってきたのです。

明治になって長い尼寺の歴史に幕を閉じると、新たに禅寺として歴

史を歩み始めました。1905年(明治38年)に高僧と讃えられた釈

宗演が住職となると、その居士(僧ではない仏弟子)である鈴木大

拙と二人三脚で禅(ZEN)文化を世界に広める礎を築いていった

のです。同時に安宅弥吉(安宅産業創業者)、岩波茂雄(岩波書店

創業者)、出光佐三(出光興産創業者)といった実業家や西田幾多

郎、和辻哲郎、小林秀雄、高見順、川田順、太田水穂、田村俊子と

いった哲学者、文芸人からも慕われる寺となったのです。数ある鎌

倉の寺の中でも際立って近代文芸・文化の香りの濃い寺と言えるで

しょう。

12

4本堂(泰平殿)

境内には色とりどりの秋の花が咲き乱れています。

6_2コスモス

7秋明菊

8彼岸花

9ムラサキシキブ





 

 

 

 

本堂「泰平殿」の門前に四賀光子の歌碑があります。

ながらふる 大悲の海に よばふこゑ 時をへだてて なほ確かなり

(四賀光子は夫の太田水穂と歌誌「潮音」を主宰した歌人です)

4_3

 

 

 

もの忘れ またうちわすれ かくしつつ 生命をさへや 明日は忘れむ

(太田水穂は脳卒中で倒れ、その病床で詠んだ最晩年の歌です)

 

東慶寺の墓所には驚くほど多数の近代の著名人のお墓があります。

10_2

11安宅弥吉

12岩波茂雄

13西田幾多郎

14鈴木大拙

15高見順

16田村俊子

17小林秀雄

18大松博文




 

 

あの“鬼の大松”の大松博文さんのお墓もありました。大松さんの

名言と言えば、「俺についてこい」、「なせばなる」が有名です。

その「なせばなる」とは上杉鷹山(うえすぎようざん)の歌からとったの

です。

なせばなる なさねば成らぬ なにごとも 成らぬは人の なさぬなりけり

(上杉鷹山は江戸中期米沢藩の藩主で、破綻に瀕していた米沢藩の財政を立て直した名君です。この本歌が武田信玄の歌にあります)

 

 

 

 

この着想で私も一首捻ってみました。

それをそう 成るとおもへば そう成りぬ そうで

なければ 世界は成らぬ

(私たちにとって、世界はそのように成り立っています)

 

19

 

山門を入って左手に田村俊子の文学碑があり、こう書かれています。

『この女作者はいつも おしろひをつけている この女の書くも

のは 大がいおしろひの中から 生まれてくるものである』(女作

者)

 

 

 

 

 

« 短歌 | トップページ | 短歌 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは...♪*゚
今日はお天気回復でした
シルバーウィーク開けは雨が降ってましたけど
皆空さんの所は
お昼は大丈夫だったのですね(^-^
秋桜や彼岸花が沢山咲いていますね
成せばなるは有名ですね好きです(*´ω`*)前向きに考えて居れば
悪い事も消えてくれそうです。出来ないと思って居ると進めませんね
(^-^)分かっているのに出来ないことも多い近頃です
気持ちだけでも前向きにいたいなぁ(*´ω`*)

こんばんは。
めっきり涼しくなりましたね。特に朝方は‥‥目を覚ましたら
ベッドで震えていたなんてことが2、3日続きましたよ。
若い時と違って体の冷え方が早いです。今日、屋根裏部屋から
布団をおろしました。wobbly
大松さんのスパルタトレーニングは、全員を公平にシゴイたから
よかったんでしょうね。特定の選手だけ集中してシゴケば大阪の
高校のイジメ事件と同じことが起きたでしょうからね。それでも
今はあんなハードなことは誰も出来ないでしょう。まだハングリー
な時代だから出来たのかもしれませんね。thinksweat02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/61772273

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌:

« 短歌 | トップページ | 短歌 »