« 短歌 | トップページ | 短歌 »

2015年10月10日 (土)

短歌

 

秋のうららかな天候の108日にカルチャー教室で鎌倉の

七里ヶ浜界隈の史蹟を訪ねました。鎌倉から江ノ電で七里

ヶ浜まで行き、「霊光寺(れいこうじ)」⇒「西田幾多郎歌碑」

⇒「稲村ヶ崎」⇒「十一人塚」と見て、再び江ノ電で鎌倉

に戻るコースでした。

霊光寺までの道は今は住宅が立ち並んでいますが、鎌倉時

代は農民が暮らす村で、ある時ひどい干ばつに苦しみまし

た。執権北条時宗は極楽寺の僧正に雨乞いの祈祷を命じた

ものの一向に効果がありませんでした。そこへ日蓮があら

われ、干上がった池に向かって三日三晩法華経を唱えてい

ると、やがて空がかき曇り雨が降りだしたのです。この池

を<雨乞いの池>といい土地の人は大切にしていました

(今は埋め立てられてしまいました)。

鎌倉の西のはずれでかなり鄙びた佇まいの寺ですが、境内

の辺り一円は霊験が漂う趣がありました。

12

3日蓮大菩薩祈雨之旧跡也とあります

45日蓮聖人像

6鬱蒼とした木々の中に本堂が見えます

7


8



 

 

 

 

 

海を目の前に臨む国道134号線沿いに西田幾多郎の歌碑が

あります。

『七里浜夕日漂う波の上に 伊豆の山々果し

知らずも』

(西田幾多郎は昭和3年から昭和20年に没するまで稲村ヶ

 崎の姥ヶ谷に住んだ)

9

11西田幾多郎歌碑

12

 

 

 

 

稲村ヶ崎は鎌倉側の由比ヶ浜と江の島側の七里ヶ浜を分

かつ場所にある岬です。新田義貞が鎌倉攻めの要衝とし

たところとして有名です。義貞が自分の剣を海に投げる

と潮が引き、軍勢が浅瀬を渡って由比ヶ浜に入ることが

出来たのです。

その逸話に基づいて明治天皇が詠った歌碑があります。

『投げ入れし剣の光あらはれて 千尋の海も

 くがとなりぬる』 〔(注)くが:陸のこと〕

1314

15
17_2展望台から富士山も見えます

 

 

 

またそこには、「ボート遭難の碑」が立てられていて、

『七里ヶ浜の哀歌(真白き富士の根)』の一番、二番が

彫られています(歌は六番まであります)。

1910(明治43)年1月に逗子開成中学のボート部員(部

員の弟の小学生1人含む)12人が海に漕ぎ出たところ波

浪で船が転覆、全員が海に投げ出され溺れ死ぬという痛

ましい事故が起きてしまいました。その顛末を知った鎌

倉女学校の教員であった三角錫子(みすみすずこ)が一

晩で作詞し、もともとあった賛美歌に合わせてこの歌が

出来上がったと言われています。

 

1819

 

 

1 真白き富士の根 緑の江の島
 
  仰ぎ見るも 今は涙
 
  帰らぬ十二の 雄々しきみたまに
 
  捧げまつる 胸と心

2 ボートは沈みぬ 千尋(ちひろ)の海原
 
  風も浪も 小(ち)さき腕(かいな)に
 
  力もつきはて 呼ぶ名は父母(ちちはは)
 
  恨みは深し 七里が浜辺

由紀さおり・安田祥子姉妹の唄をYouTubeでとりました。

https://www.youtube.com/watch?v=7aGOdZXwKng



 

 

 

私も一首詠んでみました。

波引いて足に残りし黒き砂 七里ヶ浜に

秋は来にけ

 

 

 

最後に「十一人塚」を観ました。

1333(元弘3)5月鎌倉攻めの新田義貞軍の一族である

大館宗氏は大軍を率いて極楽寺坂の切通しへ攻め込んだ

が、北条方の猛反撃をうけて多数が討ち死にし、最後に

残った11人も稲瀬川で自刃したと伝えられている。 ここ

「十一人塚」にその11人を葬り、十一面観音堂を建てた

とされています。

2021

 

 

 

最後にもう一首

もや薄れ青く静まる相模灘 航跡引いて

船が帰りぬ

10_3

 

 

 

 

 

 

« 短歌 | トップページ | 短歌 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
今日は曇り空寒かったです

良いお天気が続き気持ちが良さそうです(^-^)
この数日のお天気は空を見ていると、何処かへ行きたいなぁ
ってずっと思ってました
海も山も良いですね(*˙︶˙*)☆*°
最後の写真は夕方ですか、もう帰るよと言ってるようです(-^艸^-)
最近は逃避行想像する癖が(´・ω・`;)

たくさんの写真で気持ちも癒されました〜
ありがとうございます...♪*゚

こんばんは。
朝晩は少し寒いぐらいですが、昼間は秋晴れで気持ちが良いですね。
今はカルチャーで散策したり、ウォーキングしたりのマイペースですが、
子供の頃は丁度農作業の時期で、稲刈りやら、田んぼの仕事に駆り
出されたものです。思い出すだけで汗が出てきますよ。
na noriさん、逃避行の想像癖とは?‥‥王子様が現れて馬車でどこ
かへ連れてってくれればいい、なんて‥‥あ、これは私の妄想癖(^_^;)sweat01
最後の写真はまだ3時過ぎで明るいうちですが、高い場所から撮ったの
で、海の青さが強調されたんでしょうかね‥‥狙った訳ではありません。good

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/61978965

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌:

« 短歌 | トップページ | 短歌 »