« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

ぶらり山歩き

28日は雨模様の天気でしたが、また知人に誘われて三浦アルプス(南沢・森戸林道~乳頭山~馬頭観音~二子山自然遊歩道)を3時間半ほど歩いてきました。丹沢や奥多摩の山なら中止したでしょうが、三浦半島内部の山なら遭難する恐れはほとんどありませんから、雨天決行となったのです。午後1時に逗子の川久保交差点をスタートし途中15分の休憩をはさんで東逗子駅到着は430分でした。スタート直前に雨は止み、歩いている間は曇りのままでしたが歩き終わるとまた小雨が降ってきました。後は駅前の寿司屋で熱燗をキューっとやりながら濡れた体を温めたのでした。

 

 

2 林道入口のお地蔵(観音?)さんです

1_2 3_2

雨は止んだものの、森の中は蝉時雨ならぬ鶯時雨でした。

<鶯の声に引かれて沢のぼる ホホーケッコウ、ヨイショコラヨッ>

 

 

4

5_2  10_2

乳頭山まで来て鉄塔の台座で一休みし、真上を見上げたものです(右は322日の写真)。

<鉄塔の下で一息する人よ 獣が見れば捕われのヒト?>

 

 

6 8

7

止んでいるとはいえ雨をたっぷり含んだ森の中を歩けば‥‥

<そぼ濡れて馬頭観音に辿り着く歩き疲れし馬の骨われ> 

9 ここまで来れば東逗子は目前です

 

 

 

2016年4月23日 (土)

ぶらり街歩き

横浜駅から南西へ6kmほど行ったところに上大岡という街があります。鎌倉街道という主要道路と、地下鉄、京浜急行が通っていて横浜、川崎、東京が通勤圏という立地から人口も多く、さらに最近はさながら“小渋谷”とも言える街並みを備えてきています。私の現在のアルバイト(マンション管理人)もこの上大岡でやっています。

 

 

1 2_2

<名も知らぬ幅広きみち徘徊(さまよ)いぬ 青き灯りに辿り着くまで>

 

4 5

<目の前の道をよぎりし光ありて物みな転ぶ時空の隙間>

 

3

<気に入ったシャツの一つもあればよし 昔はものを思はざりけり>

 

6 8

<物事はみな「かのように」成り立ちぬ 閑話休題、用は足したか?> 

 

7 9 困ったもんです

2016年4月16日 (土)

ぶらり歩き

とある町のビルのトイレで少し珍しい(と感じた)案内表示がありました。トイレのこういった案内表示は声では言いにくいニュアンスをうまく伝えるものだわいと感心します。(写真と歌は直接的な関係はありません)

 

8 7

10 9

<物事は<かのように>ありおしなべて 閑話休題、雨は止んだか?>

 

 

その町をブラブラ散歩してみると、庭先に見栄えの良い花が色々咲いています。

 

6 12

<世の中に如何ほど格差があるにしろそれはそもそも人のありよう>

 

 

あくまで道端からスマホで撮っているのであり、他所の庭に入り込む訳ではありません(泥棒と間違われないよう)。

 

12_2

 <許されればわれ鎌倉に丸まって暮らしてみたしこの歳になり> 

 

 

いつもの公園の花も載せておきます。

 

13_2 14 4_3 3

<波さわぐ巌(いはほ)の上人魚姫 姿ぞ妖しき四分休符かな

 

2016年4月 5日 (火)

山歩きと花

3月はブログは何も更新せぬ間に4月になってしまいました。ここらで花の写真と溜った歌を幾つか載せておきましょう。花はみな何らかの活動時のものですが細かな説明は省き、とりあえず短歌だけを載せておきます。

 

 

1 2

1_2 2_2

<春光る葉山の海を見下ろしつ仙元山のスミレ、タンポポ>

 

 

2_3 1_3

<高みより鋭くさえずる雲雀あり 光に紛れ風のまにまに>

 

 

27 三渓園の池も青澄んでいます

<道なくも迷わずに泳(ゆ)けおまえ達 光を紡ぐクラミドモナス>

 

 

20 21

<ジグザグに蝶はゆきたり砂漠の上を黄になる程の光を浴びて>

 

 

1_42_4

<待ち惚けころりころげて休みたり 今日はきょうとて明日はあすとて>

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »