« 「団塊の世代」という誤解 | トップページ | 短歌(夢うつつ) »

2016年7月18日 (月)

天皇譲位について

 天皇譲位について

 

 今般、今上天皇が皇位の譲位の意向を周辺に伝えられていたことが明

かとなり、国内外に少なからぬ波紋を広げています。これについて虚

坦懐に述べてみたいと思います。

 私は二千年を超えるとされる日本の長い天皇制の歴史を鑑みて、皇位

生前譲位は行われてもいいと思います。現在は「皇室典範」にその規

がないことをもって、天皇の崩御(逝去)以外に皇位の継承を想定で

ないとしていますが、このことの方が不自然(非現実的)であろうと

うことです。ついでに言えば元号は皇位の継承があった場合に限り改

られると元号法で規定されていますが、今回はこれはこのままで不都

はないと思います。

 論点となるのは、今回のように現天皇が皇位の譲位の意向を示しても

「皇室典範」に規定がないことを根拠にこれを退ける(無視する)こ

が、名実ともに民主政治が行われている現代において、まったく問題が

ないのであろうかということです。天皇制の下で律令政治が行われてい

た奈良・平安時代でも(それ以前の時代はさらに)、生前における皇位

の継承は頻繁に行われていたのは歴史上明らかです。もちろん皇位の継

承の契機は一様でなく、崩御以外にも、年齢を考慮した円満な継承、重

篤な病気、皇統争い(確執、暗殺も含む)、執権(藤原氏など)からの

圧力による退位、など様々な事情のケースがあったのが事実です。そし

て昭和天皇までの124代のうち約半数が生前譲位だったのです。

 しかし、今後将来的には明治~戦前までのような天皇絶対君主制に戻

ことなどあり得ないことを踏まえれば、「皇室典範」を改正し、生前

の皇位の継承の規定を定め、同時に女性天皇も可能とする明確な規定

設けるべきだろうと思います。男系万世一系などという考え方はそれ

体が価値あるものとはもはや言えないでしょう。未来志向に則って日

が天皇制を維持継続させて行こうとするには、時代錯誤した「皇室典

範」の内容部分は改めるべきであることはむしろ国民の義務だと言って

もいいでしょう。これまで同様、数多くの国事行為だけでなく地震や台

風などの被災地への見舞い巡幸に加え、良くも悪くも今後ますます緊張

が高まる可能性の大きい国際政治の場において、日本の(象徴としての)

首として天皇の役回りの重要性は一層増すことが予想され、それらす

てを過酷なスケジュールの中でこなさなければならない天皇の負担の

烈さは私たち国民の想像を絶するものがあると言っても過言ではない

しょう。そうであれば、平和裏に生前の皇位の継承を認めるというこ

が最も現実的ではないでしょうか。その場合焦点となるのは、これを

めるのはどのような場合とするか、ということになるでしょうが、例

ば‥『天皇の発意があった時』に『内閣の助言を踏まえて』‥のよう

手続き規定を中心にした形で、かつ『皇位継続に努めて頂くことを底

に敷いた』文言を盛ること等でしょうか。この細目を詰めることはそ

困難であるとは思えません。新聞等の論調で見ると「皇室典範」の改

は大変困難な作業であることが強調されていますが、「皇室典範」が

実に即してない(その意味で間違っている)のであればこれを改めな

のは国家的瑕疵であるということが分からないはずはありません。困

であることを理由に事を進めないのは“サボタージュ”に他なりませ

ん。このような人たちはこの仕事に関わるべきではなく、速やかに新し

い人材に替えることが肝要でしょう。例えば、宮内庁長官が14日の記者

会見で「天皇の退位の意向など聞いてない」と述べたようですが、天皇

のお気持ちを最も代弁すべき立場の人間のこの“木で鼻をくくった言い

方”に対して私が懐いた感想は、呆れを通り越して、哀れであり悲しみ

すらあったのですが、皆さんはどうだったでしょうか。

 今回の今上天皇のご意向は、新しい時代に対応して天皇が今まで以上

役割を果たしていくために、皇位の継承のあり方を考え直す時期がす

に到来しているのだと天皇自ら熟慮の上で出されたシグナルであろう

拝察されるのです。従って今は、政府においてこれまでになく真摯に

て速やかな対応が必要とされていると言って間違いはないでしょう。

そしてあえて言えば、もし政府がこれに決断を下せないのであればこれ

を【国民投票】にかけるべきでしょう。

 

 

« 「団塊の世代」という誤解 | トップページ | 短歌(夢うつつ) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
梅雨が明け、暑い夏の始まりですね☀
ご自愛しお過ごしくださいね

私も、生前譲位は行われてもいいと思います。
時代はこんなに進化しているのに、
皇室典範にその規定がないことにより、天皇の崩御以外に皇位の継承を想定できないなんて
天皇の気持ちは罷り通らないと云う事なのでしょう
そのことがまた天皇を苦しめているような気がします。。

思うことが自由にできない天皇を可哀想に思います。

今晩は。
「皇室典範」の書き直しなど、私の見たところ一日でできると思います。
現実にそぐわない内容の部分は明らかなのですから、これを指摘して国会で
発議することは容易にできると思います。これが困難であるなどとはいったい
何を根拠に言うのでしょうか。私にはさっぱり分かりません。
一見面倒なことを避けたがる、頭の腐りかけた人が、政府や行政、学会などの
中枢部に結構大勢いるという実態のなせるわざと言うしかなさそうです。
本当に困ったことです。

皇室典範の改正が難しいなどという根拠こそ知りたいものです。そういう人の大部分は
自分で勝手に“しがらみ”を作っているだけです。政治家や政府関係者達は自分の地位・
立場上そう言っているだけで、要は自分の保身のためでしょう(少し慮って言えば、慣習
に囚われて頭の切り替えが出来ないということです)。
まあ、それでも日本人には出来ないと言うなら(今の憲法を作ってくれた)アメリカに頼み
ますか?彼らなら半日(半時?)もかけずに作ってくれるでしょう。日本人の暗愚は70年
この方変わってないのかと呆れ果てながらね!
‥‥とにかく、ここから半年位の政府(自民党)のやることを見てみましょう。皇室典範の
改正すら出来ないなら、憲法の改正などとても出来ないでしょう。これを「党是」などと70
年間言ってきたことの本気度(ただのポーズかも知れない)が分かろうというものです。
名無しのゴンベイさん、つまらぬヤジを飛ばす暇があったら、自分で皇室典範を読むこと
ですね。ネットで簡単に見れますから。それでもこの書き直しが出来ないというなら、あな
たもただの無能という他ありません。あなたは黙って傍観していればいいのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/66565369

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇譲位について:

« 「団塊の世代」という誤解 | トップページ | 短歌(夢うつつ) »