« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月20日 (木)

衝動買い

 いつものアルバイトが終って帰る途中、東戸塚のショッピン

モールの酒売りコーナーに立寄って、家でそろそろなくなり

かけている酒(日本酒、焼酎)を補充しようと、色々銘柄を探

していました。そしたら偶然ですが「皆空」という九州(福岡)

の(米)焼酎が目に入りました。私は最近は焼酎であれば紙パ

ックか大型ペットボトルの安物で済ませていたのですが、私の

ハンドル名と同じ名前に感心してしまい「ヘ~エ、よし買って

みよう!」と衝動買いをしてしまったのです。それも1.8リット

ルで4,500円と、いつもの3倍以上の値段にも目をつぶって「ま

あ年にいっぺん位はいいか、これも何かの因縁だろう」と変な

ところで自分で納得したのです。

 サラリーマン時代の若い頃には、酒飲みの“見栄っ張り”で

日本酒でも洋酒でもたまに高い酒を買って、酒好きの知己を呼

んだり、持ち込んだりして殊更に(高い酒=うまい酒と)酒を

愛でながら飲んだものでしたが、いつの頃からか歳とともに

50を過ぎた辺りから?)、高い酒に“醒めて”しまい、「酒

は酔ってしまえばみな同じ」との観が固まってしまったのです。

これは私に限らず、私の周りの連中(兄弟も含め)も同じよう

な傾向であるのは単なる偶然ではないような気がします。つま

り酒飲みの到達点が、この「酒は酔ってしまえばみな同じ」と

いうことではないかということです。ただ、これに反論する人

もいるでしょうし、私も細かいことを言えば最近の「糖質ゼロ」

の日本酒はどうも口に合わず、先日も「これ料理酒に使ってい

いよ」とカミさんに渡してしまったのです。

 それと酔ってから後半(最後まで)飲む酒が、日本酒になる

人、焼酎になる人、ビールになる人、ウイスキーになる人‥‥

と色々タイプがあるようにも思います。ということは、おおむ

ね誰でも「酒は酔ってしまえばみな同じ」と感じてはいても

「仕上げはこれがいい」という、人それぞれの好みがあるとい

うことです。ただこれは、何かの集まりで飲む場合(飲む量が

多い場合)で、自分だけで飲む晩酌程度なら、その日の気分で、

今日はビール、今日は日本酒、今日は焼酎、‥と一種類の酒で

済ませることが多いのではないでしょうか。

‥そして「皆空」で晩酌した感想は‥‥口当たり、というか腑

当たりが良くて、あまり飲んだ意識が無いままほろ酔いとなり、

ベッドで横になって短歌をひねっているうちにいつの間にか眠

っていたのです。そして3時間ほどして目を覚ましたところで詠

んだのが最初の3首です。ですからこれは「皆空」の産物と言っ

ていいかも知れません。あと2首は少し前に詠んだ歌です。

 

1 ホトトギスの鉢の前で撮りました

2

 

 

<旨い酒まずい酒かは冷でみて燗でみた後

冷で知るかな>

 

<飲み初めて四十年余り世にふりぬ何処へ消えし

酒の精たち>

 

<飲んでみて酔いが回りしその時にすべて許さば

それは良き酒>

 

<名も知らぬ暮れなずむ道さまよへば身の丈だけの

風も動きぬ>

 

<フフンとう覚束なげな声のあり何をか伝へむ

君が思惑>

 

 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »