« 衝動買い | トップページ | 天皇譲位について―その2― »

2016年11月14日 (月)

アメリカ大統領選―その2―

 まれに見るアメリカ大統領選挙(トランプ劇場)は終わっ

 たのですが、どうも後味が良くありません。当のアメリカ国

では選挙結果を拒否するデモや騒動まで起こるありさまは、

中東や世界各地の発展途上国で見られる政情不安を連想させ

るほどで、民主主義のリーダー国を自認してきたアメリカは、

もはや凋落の憂き目を見てしまったのでしょうか‥

 しかしながら、まずは来年1月のオバマ政権からトランプ

権への正式なバトンタッチ・新政権発足を経てからでなけ

ば何も評価できるものではないでしょう。れっきとした民

的な選挙により新大統領が誕生し、これからその新政権の

治がスタートするのであって、しかもそれは政権与党が民

党から共和党へ交代しただけで、クーデターが起こったわ

でもなんでもありません。今までと少し資質の異なってい

(かも知れない)大統領が着任するだけのことです。現オ

マ大統領の誕生の時も初めてのアフリカ系人種の大統領就

ということで大きな変化でしたし、またその点を大いにア

ールして(“change”をキーワードにして)選出されたの

まだ記憶に新しいでしょう。そしてトランプ氏が選挙戦で

げた、異国民の流入規制、他国への軍事支援の見直し、貿

政策の見直し(TPP撤退)、医療改革etcはいずれもどこま

現実に実施されるのかは不明なものばかりです。つまり、

べて“さあお手並み拝見”と言う以外にないものです。

 とにかく、新たなトランプ政治をスタートさせアメリカの

内外の具体的な政治案件に実際に取り組みだしてから色々

起こってくることを見ないことには良くも悪くも何も言え

いのです。何もしていない今の段階で、あれこれ邪推して

ーだこーだ言うのはまったく意味がなく無益だと言ってい

と思います。従って、新政権スタート後半年、1年と実績

重ねられて行き‥‥まあ2年後の中間選挙の時が最初の評

らしいものが下されると言えばいいでしょう。

 ですから今までマスコミ等で喧伝されているような“トン

モナイ”ことをトランプ政権が打ち出しても(その可能性

小さいと私は思いますが)、いちいち右往左往するような

応だけは安倍政権はしてしまわないことが肝要なのであり、

そう願いたいものです。

 

 

 あと、短歌を五首ほど。

 

<橋は消え干天の慈雨を希(こいねが)う

 赤き大地の情弱の民>

 (トランプ劇場を見たときの感想)

 

<チョコちゃんと呼んでちょうだいうちの犬(こ)

 可愛いですね(コンチクショウ)>

 (ご近所の犬の散歩に遭遇して)

 

<サラリーマン 毎朝同じ時、所 同じ向きして 

 歩いております>

 (本歌は、石川啄木の「人がみな 同じ方角に向いて行く。

  それを横より見てゐる心。」)

 

<毎度まいど頼りになりますウィキペディア

 今うつそみの水か空気ぞ>

 (最近ますますウィキペディアへの依存度が上っています)

 

<朝市でおでんを買って持ち帰るそれで酒飲み

 夜まで寝入る>

 (珍しい朝市に出かけたら結局この体たらく)

 

 

後からになりましたが、スナップを添付いたします。

寒いので室内に入れようとしたブーゲンビリアに女郎蜘蛛が

巣を張っていました。

室内のテーブルに2㎝くらいのバッタが止まっていました。

Dsc_4456 Dsc_4455

Dsc_4449 Dsc_4452

« 衝動買い | トップページ | 天皇譲位について―その2― »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
トランプさんに決まり
不安を持つ人のほうが多いような気もしますけれど
指示をしたのは国民の皆さんですし
結果を見れば、トランプさんも悪くないという事なのかもしれません。
TVでの発言だけを見ていると、とても候補者さんの話し合いには見えませんでした
本音の話し合いだったのでしょうか。
ですが、その後のトランプさんは当時とは違う人に感じます。
どちらが正しいということはないかもしれません。
一般的な報道だけを真に受けて、イメージを作ってしまったと思いたいです。
落ち着いた時代であります様に。。。

こんやからお天気が崩れ、そちら方面は雪が降るという予報です
ぐんと冷えてしまいますので、どうぞご自愛し暖かくしてお過ごしくださいね
(*^-^*)

今晩は。
トランプ氏が選挙戦の中で訴えた色々極論めいた話と、今後大統領に就任してから
実行する政策との食い違い(多々ありそうですが)は、トランプ政権自身が解決をして
いかなければならない問題で、これでアメリカの国民世論を納得させることができなけ
れば、恐らく4年間の大統領任期を果たせないでしょう。逆に言えば、それだけは何と
しても回避しようとトランプ氏も共和党もするに決まっています。ナア~ンダ!という話
かも知れませんが、アメリカに限らずどの国(日本も)の政治家も多かれ少なかれする
ことです。まあ、トランプ氏は疑いなく“したたかな人”なのでしょうね!!!!coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/68427662

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領選―その2―:

« 衝動買い | トップページ | 天皇譲位について―その2― »