« 吉井道郎さん逝去 | トップページ | 箱根駅伝考 »

2016年12月31日 (土)

天皇譲位について―その3―

「天皇の生前譲位」問題に対する安倍内閣の着地どころが何と

なく垣間見えてきたこの時点で、文字通り年が押し詰まった

“今こそ”やはり言っておきたいと思います。私は“今こそ”

「皇室典範」を改正して、天皇の生前における譲位を可能にす

る継続的かつ現実的な仕組みに変えるべきだと思います。わが

国の天皇制の歴史が二千数百年にわたるものであることは勿論

であるにしても、民主国家という体制の下で引き続き天皇制が

継続されるためには、変えるべきところは変えなければ天皇制

は恐らく維持できないと思うからです。そのために踏まえてお

かなければならない重要な点は次のことです。

 天皇は生身の人間です。宮家(天皇家一族)の人達ももちろ

ん同じです。現人神(あらひとがみ)という言葉は今の世の中

では“死語”であると言って間違いありません(望んだとして

も、二度と復活することはないでしょう)。そして、国民が天

皇を尊崇するのは天皇を「神」と信じているからではなく、

「天皇」という地位・立場(国民の中における役割)に対し、

他に代えがたい大切さを思う故のことなのです。国民が天皇を

日本という国で行われる「まつりごと(=政治と言うより祭

祀)」を担う、無くてはならない大切な「機関」と感じている

ということに他なりません。この点で、美濃部達吉博士の「天

皇機関説」は旧憲法(大日本帝国憲法)下においてすら誠に慧

眼という以外にないものであったと言えます(旧軍人、右翼は

もとより多くの政治家もこれを理解しなかった)。そして天皇

も私達一般国民と同じく一夫一婦制の下にあり、典侍(ないし)

・側女(そばめ)という“別腹”にまで皇統を残すことはもは

や不可能です(明治時代まではこれが許され、明治天皇は15

もの子供をもうけました)。この点こそ、二千数百年続く天

制の歴史といっても、これから先の時代においては、今まで

まったく異なるものなのだという認識を私達国民は持たなけ

ばなりません。この上に立って、現実的に天皇制の維持とい

ものを考えなければならないということです。先の有識者や

門家の意見の中にはこの認識が甚だ欠けているとしか思われ

いものが散見されるのは如何なる事情によるものなのか私に

分かりません(皇室典範は変えないままでいいと言い、時代

誤のピント外れの提言をした人達です)。このような人選を

た総理大臣の見識を疑わざるを得ないと言う以外にありません。

この点を真摯に考えることができない人は今後の日本を担う政

治家としては失格でしょう。将来、にっちもさっちも行かない

事態を招いた時に、その責任は今の政権担当者とその意見具申

者達だということを銘記しておくべきでしょう(その時存命し

ているかどうかは別です)。

 21世紀以降の新時代において天皇制が継続されるためにはど

のように制度を改められるべきか、このことを最もヒシヒシと

感じられてこその今上天皇の「お言葉」だったのであり、その

立場から唯一発することができる、なお非エゴイスティックに

徹したいわば「金言」に等しいものを等閑に付すという施策と

は“罪悪”と言わなければならないでしょう。

‥年が改まりましたら、いい初夢を見たいと願っています‥

 

 

 

 

« 吉井道郎さん逝去 | トップページ | 箱根駅伝考 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます
昨年はありがとうございました
綺麗な日の出が見れましたでしょうか
(*'∀'人
私は見れて清々しい気持ちになりました
少々寒くても待っている時間は楽しみでした
健康で平和な年でありますように
本年もよろしくお願い致します
(๑ ́ᄇ`๑)

あけましておめでとうございます
昼近くまで寝ていて日の出は見れませんでした。 (ノ∀`)アチャー
初日の出はもう10年以上も見てないように思います。
年末に息子と娘が相次いでインフルエンザにかかり、
私は一生懸命アルコールでウガイをして、かからずに
済んでいます happy01shinegood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/69064058

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇譲位について―その3―:

« 吉井道郎さん逝去 | トップページ | 箱根駅伝考 »