« 認知症 | トップページ | 逗子・葉山歩き »

2017年1月26日 (木)

天皇譲位について―その4―

<万世一系論の無意味>

 わが国の天皇制議論でしばしば言われるものに「万世一系」

いうものがあります。非常に誤解を多く含む言葉で、事実、

天皇の男系皇統論の一つの根拠になっているものです。私はこ

れほど無知蒙昧な話はなかろうと思いますので、簡単に述べて

みます。

 中学~高校の理科(生物)の教科書には必ず人間の性(男・

女)決定は、X、Yとい二つの性染色体の組合せで決まるとい

う説明がされています(これは本質的には一つの理論です)。

つまり、XYの組合せなら男、XXの組合せなら女であるとい

うものです。そして男はXを母親から、Yを父親からもらい、

女は一つのXは父親から、もう一つのXは母親からもらうので

す。系統図を画いても簡単に分かりますが、男のYは本人→父

→祖父→曾祖父→‥‥と、男の系で辿ることができます。いっ

ぽう男のXは母の二つのXのどちらか一つですが、その母のX

は一つはその父(祖父)からもらい、もう一つはその母(祖母)

の二つのXの一つをもらいます。つまり女は常に一つのXは父

からもらい、もう一つのXは母からもらうのです。‥‥そこで

言えることは、(男の)Yは常に男の系にあるYであり、Xは、

男は母からのXであり女は父と母の両方からもらうXであると

いうことです。

そこで「万世一系」のことです。万世はすべての世代という

 味です。確かに男のY染色体は「万世一系」のものです。対す

るX染色体は男は女(母)から、女は男(父)と女(母)から

もらういわば「万世多系」のものです。つまり世の中の男はす

べて「(Yという)万世一系」であり、(男の)天皇も例外で

はないということです。遺伝的には別に天皇だけが「万世一系」

ではないのです。‥‥こうなると「万世一系」自体が特別に価

値を誇るものでも何でもないということになります。‥‥これ

に対する反論として言われそうなことは「いや皇統のYは、そ

こら辺の“馬の骨”とは違う、歴史的に記載された家系で示さ

れる皇統のYである」ではないでしょうか。‥‥しかし冷静に

(科学的に)見て皇統の“馬の骨”と、そこら辺の(例えば私

という)“馬の骨”と明確に区別(差別)すべき差異があるで

しょうか。実体としては同じ人間(男)の骨であるというのが

現代の考え方ではないでしょうか。差があるとしてもそれは骨

董的な意味だけでしょう(例えば「ナポレオンの骨」というよ

うな)。皇統論の遺伝学的な説明はすべてこの弊に陥ります。

 私は、わが国の皇統の歴史において「男系」にこだわった最

大の理由は、古代から日本の社会が「男系社会」であったこと

によるのだろうと思います。昔に遡ってザックり俯瞰すれば、

狩猟・採集生活→農耕生活→と生活様式が変遷するともに、社

会の形態も部族社会→地域豪族社会→統一国家へと変様してき

たというのが歴史的事実です。そしてどの時代でも多かれ少な

かれ戦争(他の部族、他の豪族、他の地域国家、他の勢力との)

に明け暮れていたので、武力として常に男が前面に出たことに

より「男系社会」と言えるものが形成されてきたと言っても間

違いではないでしょう。特に統治・政治の面でその性格が強い

ものだったと言えます。例えば「参政権」一つとっても明らか

です。

 そして現代の「民主主義社会」が到来して、これがガラリと

変わりました。まだ歴史的には日が浅いため改正途上の分野も

少なくありませんが、基本的に「男女平等」の路線です。これ

は全世界にわたる現代の世の中の「趨勢」で、これが間違った

趨勢であるなどとは到底思えません。起こるべくして起こった

ものです。どう考えてもこの逆戻りなどあり得ないでしょう。

‥そしてこの趨勢にまったく立ち遅れているのが「皇室典範」

で、これは結局のところ書き直すことになるでしょう。今でな

くても遅かれ早かれそうせざるを得ないのは目に見えています。

  以上の認識を欠いている人は、どのような立場であれ時代認

 識を誤っていると言う以外にないのです。

 

 

 

« 認知症 | トップページ | 逗子・葉山歩き »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
寒暖差が激しいこの頃ですね
風邪などひかれないよう
ご自愛くださいね🌟
皇室に対する問題は難しいですね
変えてくれるのが、いつの時代に成るかは分かりませんけれど
いずれ変わっていくことだとは思います(-_-;)

na noriちゃん、今晩は。
このような問題は私のようなリタイアした“暇人”でなければ考える時間は
持てないでしょうね。私もサラリーマン現役時代は、皇室のコの字も頭に
ありませんでした。持論を持つためには自分で資料を漁り、調べるという
作業をしなければならず、時間を食う上に、頭の方も鈍ってきているので
まあ骨の折れるものです。それでも、それが趣味となれば継続できるもの
です。shinehappy01
今日は“春一番”が来たんでしょうかね、外で風が唸ってましたよ。でも
暖かくなって、体の調子は上がりそうですね。good

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/69383278

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇譲位について―その4―:

« 認知症 | トップページ | 逗子・葉山歩き »