« 天皇譲位について―その3― | トップページ | 認知症 »

2017年1月 4日 (水)

箱根駅伝考

 箱根駅伝を久し振りに直接見物・応援しました。私の家から

道1号線の名所「権太坂」まで歩いても10分足らずの近さな

のですが、正月の2日、3日は妻や私の実家に帰っていることが

多かったのと、家にいてもテレビで悠々と中継が見れたのでわ

ざわざ寒い中を出かけようとはしなかったからです。下の子供

が小学生の頃に歩道で肩車しながら見物した時以来ですから15

 6年振りかも知れません。今回は3日の復路のレースを一人で見

に出かけたのです。直前までやはりテレビ中継を見ていたので

すが、ふと直接見てみようと思ったのです。天気が温暖だった

せいもあるでしょう。先頭ランナーが到着する10分ほど前に国

道の東側の見通しが良さそうな場所に陣取ってスマホを手にし

て待っていました。走る選手に近い西側歩道はすでに沢山の応

援の人垣ができていたのです。やがて襷をかけサングラスをし

た青学大の選手が白バイに先導されてやってきました。タッ

ッタッタっと(音は大声援で聞こえませんが)軽やかに走り

ぎていきました。それから5分以上もして早稲田そして東洋大が

きました。そして後続の選手が次々に権太坂を駆け下っていっ

たのです。こうして駅伝選手の走り姿を見ているうちに突如十

数年前に駅伝を見たときの記憶(感慨)が私に蘇ってきたので

す。‥‥‥それは、どの大学の選手も一様に顔が上気し全身

を火照らせて走る姿、それは全身全霊で疾走することによる疲

労のなせる姿に違いないのですが、彼らが一生の夢の晴れ舞台

に酔っているように走る姿に私の目には映ったということです。

誰にとっても“箱根駅伝を走った”ということは間違いなく一

生の財産になるはずです。優勝のメンバーであったらなおのこ

と、そうでなくても選手として走ったという事実だけで、彼の

一族郎党の末代までの語り草になるのです。私の田舎の村でも

 60年以上も昔のことですが、××屋(田舎は各家を屋号で呼ぶ

ことが多い)の次男坊は〇〇大で箱根駅伝を走った、大したも

んだ‥‥という話が“伝説化”していました(弱小チームで、

成績までは語られなかったのですが)。

 それと忘れられないのが、20年位前に駅伝選手の途中棄権が

頻発し、その原因が、選手が体調不良をひた隠しにしてでも出

場したがるということだったのです。逆に言えばランナーはそ

れ位“箱根駅伝を走りたがる”ということなのです。どのチー

ムでも部員達の大部分が高校時代から好素質を見込まれたラン

ナーで、走る意欲には甲乙つけがたいとなると、監督の重要な

役割は直前までの練習の中での部員(選手候補)の体調の見極

めにある(時には非情采配をする)と言ってもいいのでしょう。

今回完全優勝した青学大ですら復路(七区)で“あわやブレー

キか”というヒヤリとする場面があったのですから。

 とにかく、箱根駅伝の選手達の見せる「苦悶の表情」は(実

際は文字通り苦悶なのでしょうが)、駅伝選手の経験などない

私には「歓喜の表情」あるいは「苦悶に酔い痴れる表情」に見

えたということなのです(選手が聞いたら怒るでしょうが)。

それを思い出しながら「ハハ~ン、やっぱりなー」と呟きなが

ら家に帰ってきたのです。

 

権太坂での駅伝のスナップと駅伝を詠んだ歌です。道の反対側

から撮ったので選手の表情まで分からず申し訳ありません‥‥

 

青学大

1  2

早稲田、東洋大

3  4

5

神奈川大

6

法大、中央学院大

8  

  

<箱根路をひたすら駆ける若者ら

     みな袈裟切りの一太刀負いて>

 

<箱根路を友から友へ掛け継ぎし

       汗と涙の母校のたすき>

 

<権太坂たすきのよぎる晴れ舞台

     権太は失せて神がいませり>

 

<晴れ舞台選手の貌(かお)は上気して

     一生(ひとよ)の夢の箱根駅伝>

 

 

 

権太坂の近くにある植物園のメタセコイアを年末に

撮ったスナップと、一昨年詠んだものです。

 

1_2  3_2

 

<降りそそぐメタセコイアの紅き針

        その一刹那燃ゆる冬見ゆ>

 

 

« 天皇譲位について―その3― | トップページ | 認知症 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

今年久しぶりに初日の出を見に
太平洋の海岸へ行き綺麗な日の出を見てきました
その時に、綺麗な砂浜に足を取られコケるという事態に…
初笑い~と言って笑って済ませたのですけれど
かえってからは姪っ子が車から降りる際に両手に荷物
足元にはゴルフクラブがありそれに引っかかり転倒(;'∀')
おみくじを引けば末吉で何をしてもうまくいかないと…
挙句2日に年末から痛いなぁと思っていた腰を痛め…ぎっくり腰に
今日までの3日間は安静第一ということで寝てました(;'∀')
少々落ち込みましたけれど(-_-;)
ようやく動けるようになり明日からはお仕事です~
ですのでいつもなら見ていないTVを見てました~
もちろん箱根駅伝もです(#^^#)
権太坂中継してましたね~そこにおられたのですね~
羨ましいです🎶
直接熱気を感じると、元気になりますよね

<あと一歩 タスキを渡せず なく君よ
 戦う努力 いつしか宝に>

いつも思うのです、優勝をし手を上げ喜ぶ選手たち
あと一歩のところで渡せなかったたすきに泣き崩れる選手

箱根駅伝に出るために努力をし、勝ち残り、
選手に選ばれなくてはいけない確率は何%かな
その舞台に立てるだけでも凄いことだったとわかって欲しい
いつしか大切な思い出になるのではないかとおもいます

na noriさん ふんだりけったりのお正月でしたね。
明けましておめでとうと言えないですね。いきなりの災難では。
しばらくは安静第一でやることですよ。お仕事はそれからでいいでしょう。
災い転じて福、ということもありますから、ちょっとの間辛抱ですね。
<あと一歩‥‥> とお詠みになりましたか。体中が痛いのに敬服します。
箱根駅伝を見ていると(テレビでも)気持ちを揺さぶられる場面が多く、それを
そのまま言葉にすれば歌になるんですね。コツを掴んだ感じですねgoodhappy01
私の歌なんかは少しヒネくれ過ぎなんです。根がヒネくれてるからでしょうか‥coldsweats01sweat02
ともかく、今年もよろしくお願いします。( `・∀・´)ノヨロシク

2017年1月9日(月)21時31分の名無しさん
あなたのお馬鹿なコメントは常にゴミとして扱うことにしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/69114741

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝考:

« 天皇譲位について―その3― | トップページ | 認知症 »