« 天皇譲位について―その4― | トップページ | 憲法の「象徴」について―その1― »

2017年2月23日 (木)

逗子・葉山歩き

 23日に予定していた山登りが延期になり、急遽19日にしばら

く行ってなかった逗子~葉山の山を、10か月振り位に一人で歩

いてきました。いずれ近い時期には山登りをするのでその足慣

らしをしておく必要があると思ったからです。正午過ぎJR逗

子駅からバスに乗らずに海岸沿いを葉山マリーナ、森戸海岸ま

で歩き、仙元山の登り口のキリスト教会を目指したのですが、

慣れな道に予想外に時間がかかってしまい、教会に着くまで

80分も要しました。そして仙元山から乳頭山~田浦梅林を目

す予定を変更して森戸川沿いから長柄へと下ったのです。

 やがて県道らしき道に出たので後は逗子に戻るつもりで足の

向くまま歩いたのですが、これがすんなりといかず、けっきょ

く逗葉高校~桜山中央公園を抜ける道を歩き続け再び逗子の街

中を歩いて逗子駅に辿り着いたのは4時半でした。山歩き半分、

街歩き半分の4時間余りの彷徨(さまよいあるき)で結構くたび

れましたが、まあ充分な足慣らしになったと自得して鎌倉駅前

の飲み屋へと向かったのです。

 

2 仙元山からの眺め

Photo 雲がなければ富士山が見えます

3 森戸林道

4

7 林道から住宅街へ

5 途中の公園の梅

6

 

 

 

あと短歌を5首。

 

<逗子の山思い付きにて歩きしが道に迷いて右へ左へ>

 

<名も知らぬ幅広き道さまよふも空の陽を見て北北西に>

 

<なんとまあ愚直なまでに簡単な疲れるように歩く方法>

 

<あかねさす朝日のようにさわやかに夢から覚める春のあけぼの>

 

<真向いのボックス席でマスカラをつける娘の口の字の口>

« 天皇譲位について―その4― | トップページ | 憲法の「象徴」について―その1― »

心と体」カテゴリの記事

コメント

山登りをされる予定があるにですか。かなり健脚なのですね。どんな山でしょうか。登られたらその話、ブログで拝見したいです。お上手な歌も添えて。

nobunagaE.Tさん
私は山登りはもともと素人なのですが、若い頃から登っている山のベテランが2人いて、彼らに
誘われてやり始めたのです。神奈川県内の山(丹沢、箱根)、東京の山(奥多摩の山)~南ア
ルプスの山(北岳、仙丈ケ岳)に行きました。60歳リタイア後のこの6年間です。
(例えば2014年8月のブログの中に北岳に登った時のがあります‥‥遡るのは面倒ですが)

こんにちは
春の空気かと思えば、ヒンヤリと肌寒い一日です
林道のお写真はまだ冬景色ですね
日が差していてもどこか寒そうです
近くにいても、歩くことができない私…(-_-;)
山歩きする日が来るのかな~
ご自愛し歩いてくださいね(#^.^#)
最後の歌が想像してしまい面白いです

na noriさん
腰、肩の痛みはまだ完全には治まってませんか?徐々に暖かくなってきますから痛みも
引いて行くんじゃないかと思います。とにかくゆっくり気長にやってみてください。
最後の歌は、3週間ほど前にJRのボックス席で二人連れの女の子と向かい合わせに
座った時のことを詠んだものです。私はなるべく見ないようにしていたんですが、真正面
ですとどうしても見えるんですね。笑いそうになるのをこらえる為に、この光景を短歌に
してみようとスマホを取り出して言葉をあれこれひねりながら作ったものです。少し悪趣
味ですが、電車の中は短歌のネタには事欠きませんね。happy01notes

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/69700956

この記事へのトラックバック一覧です: 逗子・葉山歩き:

« 天皇譲位について―その4― | トップページ | 憲法の「象徴」について―その1― »