« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

憲法の「象徴」について―その4―

 これまで憲法条文としての「象徴」の不適切さを述べました

が、では今すぐこの条文の文言を変えろと言ってこれが簡単に

できるとはもちろん思いません。憲法九条の改正議論が出ても

う久しいですが、これを党是と掲げる与党の自民党ですら70

間も事実上手つかずの有り様ですから、もっと重要なことであ

る第一条の改正など今あるどの政党も手を出さないどころか口

にすらしないだろうと思われます。それと何と言っても国民が

この「象徴」の変更を考えることができるかということがあり

ます。心の奥底では腑に落ちないにしろ、表向きにはすっかり

馴染んでしまった「天皇=象徴」という決め事を、戒厳令など

経ずして、いったん白紙に戻すことなどできるだろうかという

ことです。

 そもそも現在でも、前回述べたような現憲法の制定経緯は正

式に(国家的に)認知されてはおらず、義務教育の中でも習得

項目とはなっていません(こうなったのはGHQの方針と政

の“沽券にかかわる”という意識の合算の産物なのでしょう)。

従って、大多数の国民は現憲法は終戦後に100%日本政府の手に

よって制定されたものと信じているのではないでしょうか。手

続き上では確かに戦後の日本の国会で発議され、公布され施行

されました。しかしそれは形だけで実質的に(ここでは紆余曲

折の詳細は省きますが)一連の事を主導したのはGHQで、憲

法草案を作成したのもGHQです。そして、日本語に翻訳され

部分的修正を加えながら現在の「日本国憲法」となったのです。

今は「ネット検索」により誰でもこれを知ることができます(

例えば「憲法制定経緯」と検索すれば数多くの詳細解説が出て

きますので、これを納得がいくまで目を通せばいいでしょう)。

幸か不幸かもはやこのようなことは隠し続けることができなく

なったのです。政府当局がこの辺の事実を見て見ぬふりをし続

ける限り、義務教育はおろか高等教育でも20世紀以降の日本の

歴史がまともに説明できないという非常に奇妙な状態は終わら

ないと思います‥‥もう20世紀はとうに終わってしまっている

にもかかわらず。

 ともかく、あと何年先になるのかは分かりませんが、この憲

法の制定経緯というものが普通の知識として社会に定着したあ

かつきにおいて、「直すべきものは直し、残すべきものは残す」

という態度を基本にして憲法の見直しをしなければならないだ

ろうと思います。そして、私のこのようなブログは、この見直

し作業が始まる道に至るための“狼煙(のろし)”のようなも

のであればいいと思っています。

 そして最後に、誤解されてはならないので敢えて言っておき

たいことがあります。それは、上に述べたいきさつをもって、

現在の憲法は“アメリカに押し付けられた”とするのは至当で

はないであろうということです。なぜなら戦後この新憲法が公

布された時に、国民の大多数が懐いた感情は“これを歓迎する”

というものであっても、“本心では拒絶したい”というもので

はなかったからです。この新しい憲法に対しては“押し付けら

れた”のではなく、むしろ“作ってもらった”という感懐こそ

が当たっていたと言って間違いないでしょう。はからずもこれ

を裏付ける証拠のような話が、昨年8月にアメリカの大統領選

挙の最中にありました。民主党のクリントン候補の応援演説を

するバイデン副大統領(当時)が共和党のトランプ候補に対し

て「我々(アメリカ)が日本の憲法を書いたということも知ら

ないのか、学校で習わなかったのか」となじったのです。横に

は笑ってこれを聞くクリントン候補の姿がありました。これは、

このことがアメリカのエスタブリッシュメント(政治的リーダ

ー層)の共通認識であることを物語っています。つまり、日本

人の“憲法を作ってもらった”という意識とアメリカ人の“日

本の憲法を作った”という意識はぴったり符合しているという

ことです。これが憲法制定時の事実であったにもかかわらず、

この後2030年してから“あれは押し付けられたものだ”と一

部の保守勢力が言い出すことは、潔さとまったく正反対の“た

ちのわるい言いぐさ”と言うしかないものでしょう。このよう

なところから本当の改憲論など期待する方が無理というもので

す。自民党の「70年間手つかず」の事情の背景には、このよう

な性格の一面があるからに他なりません。

 

 

 スナップは近所を散歩中に撮った花です(ハクモクレン、

コブシ、ヤマブキなど)

2

1ピンクのコブシは少し珍しい

4 3

 

 

 

2017年3月23日 (木)

憲法の「象徴」について―その3―

  憲法条文としての「象徴」の不適切さを引き続き述べてみます。

「象徴」という言葉にもちろん罪がある訳はありません。これを

憲法条文に使うことが、その使われ方が不適切だと思うのです。

前回ブログでくどく説明した通り「象徴」は極めて抽象的な言葉

です。もともと日本語にはなかった概念でしたが、中江兆民(18

471901)がその訳書「維氏美学」(1883年刊)でフランス語sy

mboleを訳出したのが始まりとされています(広辞苑)。19世紀

 半のフランスで起こり、そして象徴主義、象徴派の名のもとに

主に詩の世界で使われ、ある意味で一世を風靡した言葉といって

もいいでしょう。しかしそれはあくまでも詩、絵画、音楽という

芸術文化の世界で一世風靡した言葉(概念)だったのであり、日

常言語としてはほとんど使われなかったものだろうと思います。

一方政治的にはその時代の日本は、世界の列強国の動きに対抗す

るように世を挙げて他国との(植民地争奪)戦争に突入していき、

あげくに太平洋戦争で悲惨な敗戦の憂き目を見たのは既知の通り

ですが、その敗戦後にGHQ統治下で作られた新しい憲法に「象

徴」という言葉が登場するなどと、当時の日本人は夢にも思わな

かったに違いありません。憔悴しきって生き残った一般国民はも

とより、政治を主導した軍人・政治家から著名な文化人に至るま

で、それまで現人神(あらひとがみ)であった天皇を憲法で「象

徴」と位置付けるなど当時の日本人には絶対に発想できなかった

ことであろうと確信をもって言えます。

  ではどのようないきさつで憲法に「象徴」表現が導入されたの

 しょうか。それは、もう言うまでもなく、マッカーサー主導の

とでGHQアメリカ人スタッフによって新憲法草案が策定され

ことによります。その時に、天皇を「象徴(symbol)」と規定

る考えは早い段階で固められたものと推定されます。つまり日

に天皇制を残すことを決めると同時に、それは「象徴」として

天皇とすることを決めたということです。それは、それまでの

本人の脳裏から現人神(あらひとがみ)という天皇の神格性を

 100%払拭しようとするためであったことは今なら容易に想像が

きます。天皇の「人間宣言」もそれとセットのものだったはず

す。アメリカが、戦後の日本をアメリカの考える新しい「民主

義国家」に生まれ変わらせる第一歩目として行なった統治指導

新憲法の策定であり、そこにおいて天皇を「日本国の象徴であ

日本国民統合の象徴」と規定したのです。ところがそれは、前

ブログでも述べましたように、何ともピンと来ない(腑に落ち

い)ものだったと言わざるを得ないのです。これはアメリカの

わば“お節介(あるいはお為ごかし)”なのであり、わざわざ

皇に「象徴」という言葉を冠することなど不要だったと言って

いでしょう。なぜなら、現在の日本人にとって天皇=象徴が腑

落ちないのと同じく、戦前の日本人にとっても天皇=神という

のに本音(本心)のところでは腑に落ちなかったであろうこと

容易に想像できるからです。

富国強兵策の精神的バックボーンして、天皇の神格性を時の

政府が強圧的に国民に刷り込むことを行なったのは、明治憲法が

施行され、教育勅語も発布された1890 年から太平洋戦争直前の

 1940年頃までのほぼ50年間のことだったのであり(わが国の長い

「天皇制」の歴史において、こんな異常なことをしたのはこの時

代だけです)、その間の日清戦争、日露戦争、日中戦争そして太

平洋戦争へと進む、事実上の戦時体制下という世相が続く中にお

いては、一般国民がこれに真正面から異を唱えることなどまず不

可能なことだったでしょう。大多数の人は無難にそれ(現人神)

を“信じようとした(あるいは信じるふりをした)”ということ

ではなかったでしょうか(中には心底信じる人もいたかも知れま

せんが)。これがもし、「天皇制」の歴史とともに日本人一般の

心性の中に現人神信仰というものが真に根付いていたのであれば、

新憲法が「天皇=象徴」と規定し直したところでその実質が変わ

ることなどなかっただろうと思います。しかし戦後に全国民の間

で何らの混乱もなく(腑に落ちないにしても)この変更が受け入

れられたという事実は、もともと現人神信仰などなかったことを

示していると言っていいのでしょう。

 

 

 

あと短歌を4首。

 

 

<憲法の「象徴」の語に顕れし

                   紛ふ方なきアメリカ気質>

 

 

<をちこちに園児の黄服の見え隠れ

                   平戸の森に声がこだます>

 

 

<日が射せば麓の空気はふくらんで

                   鳶は螺旋に雲居にきえる>

 

 

<たいがいはググってみればそこにある

               重たいものを動かさなくても>

 

 

 

2017年3月19日 (日)

憲法の「象徴」について―その2―

「象徴」を(角川)国語辞典で引きますと‥‥目に見える形

 持たないものを、ほかの形のあるもので表すこと。また、表さ

れたもの。シンボル。表象。‥‥とあります。

(岩波)広辞苑では‥‥主として抽象的な事物を示すのに役立

つ形象または心象。想像力に訴える何らかの類似によって抽象

的な或る事物を表わす記号と見なされる感性的形象。ハトが平

和の、十字架がキリスト教の、白が純潔の象徴である類。シン

ボル。表象。‥‥とあります。

ウィキペディアでは‥‥言葉の定義として、日本語における「

象徴」という言葉は、使用法から細分した場合に、次の様なも

のがある。

1. あるものを、その物とは別のものを代わりに示すこと

 によって、間接的に表現し、知らしめるという方法。

2. 抽象的な概念、形のない事物に、より具体的な事物や

 形によって、表現すること。

3. ある事物の側面、一点を、他の事物や形によって、強

 調表現すること。

‥‥とあります。

ちなみに英和辞典も見てみると、(旺文社)新英和中辞典では‥

symbol:①象徴、シンボル、表象(emblem) ②(化学、数学

などの)符号、記号、しるし ③(宗教上の)信条 ④〔精神

分析〕抑圧された無意識の欲求を示す行動‥‥とあります。

 主なものを示せば以上の通りで、当然ですが書かれている内

容はほぼ同じで、その意味も分かります。そして言えることは、

「象徴」とはきわめて抽象的な言葉で、いきおい説明もどこか

抽象的な仕方でしかしようがないということです。それは外形

的には把握できない、測りようのない概念です。ここからここ

までが「象徴」で、これ以上は「象徴」ではないなどとは確定

できないものです。それは「代表」「喩え」などに近い意味合

いを持つ、「働き」「作用」「影響」といった類の抽象言語と

言ったらいいでしょうか。

 

 そして私が最も疑問に思うのは、私たち普通の日本人が天皇

をそのような抽象的な意味合いのものとして理解しているので

あろうかということです。そんなつかみどころのない、空気と

か温度とか色といったような存在のものとして天皇を認識して

いるのでしょうか。‥‥それはまったく違うのではないでしょ

うか。天皇陛下は、たいへん高貴であって、同時に落ち着いた

雰囲気の、この上なく温かみのある、親しみを絶やさない人柄

の人であるというのが私たちの共通して懐いている天皇の印象

なのではないでしょうか。それは私たちが普通、抽象的なもの

ごとから受ける感覚とは似ても似つかないものなのではないで

しょうか。そして何と言っても天皇は私たちと同じ人間である

ということです。これを要するに、喩えにしても天皇を「象徴」

と規定する(位置付ける)ことには、はっきり意識してないに

しても違和感があるのではないでしょうか。‥‥とは言え憲法

の第一条に書かれている表現ですからこれに反論する気はもと

より起らないのでしょうが、「天皇=象徴」ということに心の

底からピンと来る(腑に落ちる)人など実はいないのではない

でしょうか。その意味で私は、誤解を恐れずに言ってしまえば、

憲法で天皇を規定する言葉として「象徴」という抽象的な表現

を使う点には“不適切さ”があるのではないかと思います。

 国内の最重要文書である憲法の条文になぜこのような不適切

な言葉が使われてしまったのかはこのあと述べることにして、

もう一つついでに言えば、旧憲法(大日本帝国憲法)の第一条

は「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス(現代口語訳:大

日本帝国は、万世一系の天皇が、これを統治する)」でしたが、

この「万世一系」という言葉の不適切さ(天皇譲位について

その4-で述べました)は新憲法の「象徴」と双璧をなすと言

っても過言ではないと思います(万世一系は岩倉具視が発案し

た語と言われます)。近代日本の憲法が二世代続いて第一条が

“不適切言語”で始まっているというのは、日本にとってなん

という皮肉、どういう種類の不幸と言ったらいいのか私には分

かりません。

 

 

 スナップは昨日鎌倉アルプス、瑞泉寺を歩いたものです。

 

6 祇園山からの景色

1 富士山が霞んで見えます

2 瑞泉寺の境内

3 梅はすっかり終ってました

4 春の花が咲いていました

5 岩盤を彫った「岩庭」です

 

 あと短歌を4首。

 

<山行きの同じ姿をしていれば

          やはり目がいく中央本線>

 

 

<パラレルでシンメトリーなその動き 

        水切りはらうバスのワイパー>

 

 

<鯉にまき鳩と鴨きて鴎まで

      そんなにうまいかドッグフードが>

(バイト先近くの大岡川の鯉に餌をやると意外な連中が

 寄ってきます)

 

 

<風の動く片瀬の海で少年が

        波の頭でジョジョ立ちをする>

 (ジョジョ立ちって分かりますかね‥‥)

 

 

2017年3月14日 (火)

憲法の「象徴」について―その1―

日本国憲法第一条はこう書かれています。

「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、

この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」

 この「象徴」とは英語のsymbolの訳語です(もともと憲法の

原案文はGHQアメリカ人スタッフの作成による英語です)。

私は最近この象徴という言葉について、色々と考えることが多

くなりました。きっかけはもちろん、昨年8月の今上天皇の生

前譲位に関わる「お言葉」を聞いてからです。あの「お言葉」

の中で、最初のほうの「‥即位以来,私は国事行為を行うと共

に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り

方を,日々模索しつつ過ごして来ました‥」のくだりをはじめ

して都合8回「象徴」という言葉が使われています。言うま

もなく「象徴」は最重要語なのです。もちろん、最も重要で

るのは「お言葉」の趣旨ですが、その趣旨を最も“象徴的に”

示すのが「象徴」という言葉だということです(語呂合わせを

したいのではありません)。「お言葉」の趣旨については、あ

えて念を押して申し上げれば <象徴としての天皇の務めを今

後も十分果たしていくためには年齢的、体力的にすでに限界に

近く、この地位を次の立場の者に譲ることができるような制度

を考えてもらいたい。これは自分の代だけのことではなく、今

後も続く制度として作ってもらいたい> ということであった

でしょう。つまり、天皇という地位の「生前での譲位」の制度

を国民に考えてもらいたい、と言われたのです。

 そうした上で、深く考えざるを得ないことが「象徴」とはど

ういうことなのかです。少し面倒ですが「象徴」という言葉

定義から見ていきたいと思います。

 

 

スナップは散歩する見晴らし公園の夕景です。

 

1 (遠く富士山が見え、クリックで少し拡大します)

 

2  3

 

あと短歌を5首。

 

<春めいて夢うつつから覚めるのは

         天井睨んで伸びをする時>

 

<上睦月、下文月の姿する

        女子高生がわれを追い越す>

       (バイトに行く朝のいつもの風景です)

 

<なんとなく寄って来そうな気がしたが

        バス待つ列でなぜわれ選ぶ>

 (アフリカの紛争地域の孤児への募金勧誘でした)

 

<ゴニョゴニョとバス運転手声出しぬ

       日本語らしきもはた意味不明>

 (いったい何のための車内放送なんでしょう)

 

 

<ゴミ置場ウの目タカの目カラスの目

      家(うち)の秘密を春日に曝す>                               (アルバイト先で目にする光景です)

 

 

 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »