« 憲法の「象徴」について―その1― | トップページ | 憲法の「象徴」について―その3― »

2017年3月19日 (日)

憲法の「象徴」について―その2―

「象徴」を(角川)国語辞典で引きますと‥‥目に見える形

 持たないものを、ほかの形のあるもので表すこと。また、表さ

れたもの。シンボル。表象。‥‥とあります。

(岩波)広辞苑では‥‥主として抽象的な事物を示すのに役立

つ形象または心象。想像力に訴える何らかの類似によって抽象

的な或る事物を表わす記号と見なされる感性的形象。ハトが平

和の、十字架がキリスト教の、白が純潔の象徴である類。シン

ボル。表象。‥‥とあります。

ウィキペディアでは‥‥言葉の定義として、日本語における「

象徴」という言葉は、使用法から細分した場合に、次の様なも

のがある。

1. あるものを、その物とは別のものを代わりに示すこと

 によって、間接的に表現し、知らしめるという方法。

2. 抽象的な概念、形のない事物に、より具体的な事物や

 形によって、表現すること。

3. ある事物の側面、一点を、他の事物や形によって、強

 調表現すること。

‥‥とあります。

ちなみに英和辞典も見てみると、(旺文社)新英和中辞典では‥

symbol:①象徴、シンボル、表象(emblem) ②(化学、数学

などの)符号、記号、しるし ③(宗教上の)信条 ④〔精神

分析〕抑圧された無意識の欲求を示す行動‥‥とあります。

 主なものを示せば以上の通りで、当然ですが書かれている内

容はほぼ同じで、その意味も分かります。そして言えることは、

「象徴」とはきわめて抽象的な言葉で、いきおい説明もどこか

抽象的な仕方でしかしようがないということです。それは外形

的には把握できない、測りようのない概念です。ここからここ

までが「象徴」で、これ以上は「象徴」ではないなどとは確定

できないものです。それは「代表」「喩え」などに近い意味合

いを持つ、「働き」「作用」「影響」といった類の抽象言語と

言ったらいいでしょうか。

 

 そして私が最も疑問に思うのは、私たち普通の日本人が天皇

をそのような抽象的な意味合いのものとして理解しているので

あろうかということです。そんなつかみどころのない、空気と

か温度とか色といったような存在のものとして天皇を認識して

いるのでしょうか。‥‥それはまったく違うのではないでしょ

うか。天皇陛下は、たいへん高貴であって、同時に落ち着いた

雰囲気の、この上なく温かみのある、親しみを絶やさない人柄

の人であるというのが私たちの共通して懐いている天皇の印象

なのではないでしょうか。それは私たちが普通、抽象的なもの

ごとから受ける感覚とは似ても似つかないものなのではないで

しょうか。そして何と言っても天皇は私たちと同じ人間である

ということです。これを要するに、喩えにしても天皇を「象徴」

と規定する(位置付ける)ことには、はっきり意識してないに

しても違和感があるのではないでしょうか。‥‥とは言え憲法

の第一条に書かれている表現ですからこれに反論する気はもと

より起らないのでしょうが、「天皇=象徴」ということに心の

底からピンと来る(腑に落ちる)人など実はいないのではない

でしょうか。その意味で私は、誤解を恐れずに言ってしまえば、

憲法で天皇を規定する言葉として「象徴」という抽象的な表現

を使う点には“不適切さ”があるのではないかと思います。

 国内の最重要文書である憲法の条文になぜこのような不適切

な言葉が使われてしまったのかはこのあと述べることにして、

もう一つついでに言えば、旧憲法(大日本帝国憲法)の第一条

は「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス(現代口語訳:大

日本帝国は、万世一系の天皇が、これを統治する)」でしたが、

この「万世一系」という言葉の不適切さ(天皇譲位について

その4-で述べました)は新憲法の「象徴」と双璧をなすと言

っても過言ではないと思います(万世一系は岩倉具視が発案し

た語と言われます)。近代日本の憲法が二世代続いて第一条が

“不適切言語”で始まっているというのは、日本にとってなん

という皮肉、どういう種類の不幸と言ったらいいのか私には分

かりません。

 

 

 スナップは昨日鎌倉アルプス、瑞泉寺を歩いたものです。

 

6 祇園山からの景色

1 富士山が霞んで見えます

2 瑞泉寺の境内

3 梅はすっかり終ってました

4 春の花が咲いていました

5 岩盤を彫った「岩庭」です

 

 あと短歌を4首。

 

<山行きの同じ姿をしていれば

          やはり目がいく中央本線>

 

 

<パラレルでシンメトリーなその動き 

        水切りはらうバスのワイパー>

 

 

<鯉にまき鳩と鴨きて鴎まで

      そんなにうまいかドッグフードが>

(バイト先近くの大岡川の鯉に餌をやると意外な連中が

 寄ってきます)

 

 

<風の動く片瀬の海で少年が

        波の頭でジョジョ立ちをする>

 (ジョジョ立ちって分かりますかね‥‥)

 

 

« 憲法の「象徴」について―その1― | トップページ | 憲法の「象徴」について―その3― »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今迄天皇陛下を象徴と単純に思ってましたが、ブログを読ませていただき改めて考えさせられました。書かれておられることには、同感です。もう一度考え直したいと思いました。

nobunagaE.Tさん
今日は。コメント頂きありがとうございます。
私は少し極論めいたことを言っているという意識もありますので、
ご批判があれば忌憚なくご意見を頂きたいと思います。よろしく
お願いいたします。

こんにちは
普段あまり気にしない事も
ここでは勉強でき有難いです(^^♪
ジョジョ立ちわからないです~(;'∀')
でも、波の頭でなので、サーフィンをしている人の立ち方ですよね
(v^ー゜)

na noriさん
今日は。ジョジョ立ちとは、荒木飛呂彦のマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」で
画かれる色々な主人公が見せる立ち姿です。変にのけ反っていたり、妙な
所から腕が伸びて手をかざしたリ‥‥。何年か前に「箱根駅伝」でゴール
した学生がジョジョ立ちしたのを見たことがありました。一部の若者の間で
熱狂的な人気があるようです。我家に息子か娘が買ったシリーズ本があり、
それに私もつられて読み漁っていました。(ノ∀`)アチャーcoldsweats01sweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/69974511

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の「象徴」について―その2―:

« 憲法の「象徴」について―その1― | トップページ | 憲法の「象徴」について―その3― »