« 天皇譲位について―番外編― | トップページ | 大山登山 »

2017年4月18日 (火)

塔ノ岳登山

 15日に天気予報が一週間前より改善したので、神奈川県の丹

沢山系の塔ノ岳(1491ⅿ)へ行ってきました。この6年間で4

目の登山ですが、それが山の自然的な変様なのか、あるいは登

山者数の多さも影響しているのか私には不明ですが、登山道の

所々が少しずつ変ってきているように感じました。中でもその

典型的な場所が「金冷シ(きんひやし)」で、塔ノ岳と鍋割山へ

の分岐点手前の急峻な峠なのですが、昨年5月に登った時にす

でに岩を超えていく通り道が崩れかかっていたのが、今年はも

う完全に通れなくなっていて、横に人工的な階段の道が設えて

ありました。しかもその峠の下の斜面には崩落の浸食が進んで

いて、の分だとこの名物峠が消失してしまうのもそう遠くは

なさそです。そうなった時はこの登山ルートがどう変わって

しまうかも心配になります。

 今回は初めて家から麓まで自家用車で来たのですが、東名高

速の事故渋滞に巻き込まれて大幅に遅れ大倉バス停に着いたの

11時で、車を駐車場に置いてバス停前を1115分にスタート

するという状況でした(今までなら、電車・バス乗り継ぎで9

 スタートでした)。その後は1230駒止茶屋→1340花立山

荘→1400金冷シ→1430尊仏山荘(山頂)到着で、そこで遅

めの昼食となりました。ところが天気が改善したと言っても山

頂付近は曇っているうえに、少し強い風が吹いていて体感温度

は6~7度という寒さ、おむすびを食べているうちに体が冷えて

きて慌ててヤッケを着て、急いで食べ終わるとすぐに帰路を下

ったのです。そして下の谷合いをよく見れば、3月に降った雪

解けずに残っていますから寒いわけだと納得したのです。下り

1450スタート→1650バス停着でした。上りは水補給休憩

2回とりましたが、下りは休憩なしで下りました。大倉バス停

の海抜が300m、山頂が1491mなので1200m弱の登攀はこうして

無事終わりました。

 

この日は曇りがちで、遠景は靄がかかり富士山や周辺の山の連

なりといった絶景を見ることができませんでした。 

あと短歌を5首。

 

9 靄がかかっています

8

6 金冷シ。右側が元の道です

7 崩れている斜面

5 山頂(皆寒そうです)

4 3

2 下りも雲は多し

 

 

 

 

<痩せ尾根を辿って着きし「金冷シ」

        山ガールらは踏みしめていく>

(これは一昨年塔ノ岳を登った時の歌ですが、今回は‥‥)

<風雪に耐へ呼ばれ来し「金冷シ」

         けふ目の当りにぞ見納めむ>

 

 

(あとは今回とは別に詠んだ歌です)

<空いずこ光にまぎる雲雀いて

 青き高みゆ声のみなぎる>

 

 

<一斉にピヨピヨッピヨで動き出す

            親鳥呼ばう横断歩道>

 

 

<コギトスム株式会社その間

        山にこもっていたわけでなく>

 

 

 

« 天皇譲位について―番外編― | トップページ | 大山登山 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

平戸皆空さん
ただ登るだけでなく、景色を楽しみ歌にするのも楽しいでしょうね。私は山登りはしませんが、もしするなら写真を撮ってばかりで、前には進めないかもしれません。

nobunagaE.Tさん
私が山登りを始めたのは6年前、短歌をやり始めたのは2年前です。
山登りは体力維持のため、短歌はボケ防止のために始めたのです。
もし私が写真に凝りだしていたら山登りも短歌もやらなかったのでは
ないかと思います。重たいカメラを携えてあちらこちら出かけ、納得の
いく写真を撮るには体力と集中力とが要るでしょうから、登山、短歌を
やる余裕はないのではないでしょうか?‥‥稀に山岳写真家という人
もおられるようですが、私から見るとスーパーマンですね!

こんにちは
ひんやり寒そうな景色ですね
崩れかけた路と新しく補修された道
新しい道を渡るのにも崩れた路を観ながらだと
怖いですね(;´・ω・)
それでもたくさんの方が登山されているようで、人気のスポットなのでしょう
山はいつどうなるのか本当にわからないですね
私の住む近くの山も、4年前の集中豪雨で、一つの山周辺、山崩れが8か所ありました
山崩れなど今までになかったことだそうです
自然の力には勝てないですね
楽しみと恐怖心は背中合わせのような気がします
くれぐれもお気をつけて楽しんでくださいね

na noriさんコメントありがとうございます。
本格的な登山なら、塔ノ岳(1491m)→丹沢山(1567m)→蛭ヶ岳(1673m)と踏破する
んですが、今の私には無理です。しかし次回はもう3時間ほど早いスタートをして、
塔ノ岳→丹沢山と歩を進めたいと思っています。まごまごしていると金冷シが消失して
しまいそうですからそうならないうちに‥‥。goodshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/70302452

この記事へのトラックバック一覧です: 塔ノ岳登山:

« 天皇譲位について―番外編― | トップページ | 大山登山 »