« 2017年4月 | トップページ

2017年6月

2017年6月17日 (土)

金時山登山

大山の次は金時山へ行こうと話していた娘夫婦が、なんと10

土曜日に先駆けして登ってしまったので、私は思い付きで天気の

良さそうだった15日に一人で登ってきました。車で東名高速・御

殿場インターまで行き、国道138号を箱根方面へ20分ほど登ると

金時(公時)神社があり、ここの駐車場からの登山スタートとな

りました。事前にネットで調べるとここからの登頂コースが最短

で、しかも平日なら駐車料金無料のスペースがあることを知った

からです。朝の高速道路はスムーズで朝7時半に家を出て金時神

社には840分に着き、靴をはき替えて50分にスタートしました。

車で上がってくる途中で富士山も大きくクッキリと見え、山頂か

らの雄大な富士の眺めが今度こそ期待できそうです。上り道はい

かにも登山道らしく、土にゴロ石が混じり、そこそこの傾斜です

が、丹沢の大山のように踏み幅の広い階段などはなく普通の山登

りペース(私はやや早め)でスッスッと歩が進みます。最初のう

ちは杉木立の林が続き、後半は低い灌木をぬって行くコースで、

所々で家族連れや、お年寄りグループを追い越しました。金時山

は箱根の人気スポットの山なので、平日でも登山客の賑わいは丹

沢方面の山に劣らないのです。晴れていても梅雨時のためか思っ

たより涼しく、結局水分補給の休憩を取ることもなく頂上まで登

ることができました。スタートからちょうど1時間で(マップの

案内では75分)、正直のところ少し拍子抜けがしました。

そして‥‥山頂に日は照っているものの北西方面の空には黒雲が

垂れこめていて肝心な富士山が見えないではありませんか!!!

山頂の茶屋の人は「いやー、さっきまで富士山は見えていたんだ

けどね、やっぱり梅雨空なんだわ」と残念そうに話してくれるの

です((ノ∀`)アチャー)。まだ10時前でしたが私はなんだか急に腹が

すいてしまい持参のおにぎり弁当をパクついたのです。山頂にあ

る金時茶屋には普段なら“金時娘”がいるはずなのですが、今日

は麓に下山しているらしく、親類らしい爺さんが小屋番をしてい

ました(金時娘も85才位のはずです(^^;))。山頂で時間潰しをし

ていれば、雲が晴れて展望が良くなるかも知れないと少し期待を

しながら居合わせた登山客と話をしたりしていたのですが、その

うちに霧も白く立ちこめてくるに及んで、待つのは諦めて下山の

支度をはじめました。結局、1050分にスタートして駐車場に着

いたのは11時半でした。そしてこの辺りまで下りるとまるで真夏

のような青空が広がっていたのです(山で遮られて富士山は見え

ません)。

 そして再び東名高速を横浜までとばして午後1時半に家に帰着する

や一気にビールをあおると、ほどなく満足感が湧いてきました。

‥‥夕方娘からラインが来て「お父さん、無事下山した?天気良

くて良かったね~(*^-^*)」とありましたので、「ああ、お蔭さん

で登山はほとんど疲れなかったし、黒雲と霧もタップリ見てきた

わい」と返事したのです。

 

あと短歌を5首。

 

300pxmtkintoki_161 金時山(ネットからの画)

 

1 2

3 4

5 後半の灌木の繁み

6 山頂です

7

8 頂上から仙石原、芦ノ湖が望めます

9

10 この方角に富士山が見えるはずが‥‥

11 金時茶屋

12 下り道もアッと言う間でした

 

 

 

朝、目覚ましよりも先に聞いたのは‥‥

<ホトトギスが一声啼けり朝の四時一度聞いたら忘れぬ声の>

 

 

<物心つきし時より眺めたる金時山にはじめて登る>

 

 

<箱根路の果つる奥処にひっそりと古木と佇む公時神社>

 

 

<金時は想ひしよりも優しくて荒ぶる山の面影ぞなく>

 

 

<富士山のあるべき方に目をやれば黒雲さえぎり霧もわき立つ>

 

 

 

別の日に、家の近所の公園の道でアゲハチョウが落葉の上で跳ねるように、伏せたり仰向けになったりしていました。

 

1_2

2_2

 

<道端でひっくり返る揚羽蝶これはあそびか寿命のきたるか>

 

 

2017年6月 1日 (木)

大山登山

昨年秋に娘夫婦が隣の駅に新居を購入して東京から引っ越して

きていたんですが、私が誘って528日の日曜日に大山(おお

やま、1252ⅿ)に登ってきました。この山は丹沢山系の東の玄

関口にあり、古く奈良・平安時代から「大山詣」と称せられ雨

乞いや修験場として関東一円の人々の信仰の対象となってきた

山です。この日は五月空のやや雲があるものの日射しもあって

そう暑くはない格好の登山日和でした。

登山口手前の駐車場に車を置きここをほぼ午前8時にスタートし

ました。ここが標高300ⅿですから高低差950ⅿの山登りです。

私にとっては大山は5度目の馴染みの山ですが、娘夫婦は初めて

の登山なので、なるべくなだらかなコースをゆっくりと登るこ

とにしました。土産物店が左右に並ぶこま参道を抜け、遠回り

でも階段の緩い女坂を上がって行き、9時前に阿夫利神社下社に

着きました(ケーブルは乗らず)。下社で登山の無事を拝んだ

あとは、二重滝~見晴台へ回る山の東側のルートを選びました。

こちらの方が石段が少なくゆったりしているからです。鶯の声

の近づいたり遠ざかったりするのを聞いているうちに9時半に見

晴台に到着、小休止です。二人とも疲れた様子はありません。

しかしここから山頂まではやや険しくなり、石段や木の階段が

多くなり二人とも(まず婿が)目に見えてへばってきたので、

無理をせず休憩を頻繁に入れながら11時に山頂にたどり着きま

した。スタートしてからちょうど3時間でした。 

山頂の阿夫利神社本社の周辺は私が今まで見たこともない位の

登山者で賑わっていました。6月に入ると梅雨や猛暑を心配し

なければならないので、5月最後の日曜日に大勢の人が殺到し

たのでしょう。

ただやはり山頂は靄っていて、相模平野は見えるものの富士山

や近隣の山の連峰は見えませんでした。娘夫婦は(特に婿は)

食べ物が喉を通らない程へばったわけでもなく食べっぷりが良

いのに安心しました。

帰路も順調に下って行ったのですが、嬉しかったことがあり、

それは途中で不如帰(ほととぎす)の“トッキョキョカキョク

(特許許可局)”と鳴く声を78回聞いたことです。今や平地

ではこの声を聞くことなどまずないと思います。

しかし、帰路の後半のところで私が勘違いして男坂の方を下っ

てしまうと、石段が急で踏み幅も広く、心配した通り膝が笑い

だし、私も含め三人とも最後は膝がズキズキしだしたのですが

何とか 2時間で駐車場にたどり着いたのです。

夕方4時過ぎに二人を車で家に送り届けたあと、夜7時から私の

家族も加わって戸塚駅近くの北海道料理の飲み屋さんで慰労飲

み会となりました。娘夫婦は既に元気回復し、早くも次の登山

計画の話を始めるのです。‥‥そして閉店まで飲み食いしたら

しいのですが、私は途中からまったく記憶が飛んでしまい気が

付いたのは翌朝のベッドの上でした。(ノ∀`)アチャー(^^

あと短歌を5首。

 

1 雲の下は相模平野

2

3 緩やかな上り坂が続きます

4 婿さんもバテずに歩いてます

5 板敷の道が多い

7 二重滝 ここでホトトギスが鳴いてました

 

 

 

<大山の嶺より見しはひさかたの

           空の下なる霞む故郷>

 

 

<五月空に大山詣トライする

           初登山とふ婿の太っ腹>

 

 

<大山を遠回りして登りしが

                  良いこともあり不如帰鳴く>

 

 

<空耳と初め思ひし不如帰

       ついに間近でトッキョキョカキョク>

 

 

<酒に酔い歌の文句が出ればこそ

          眠気が勝り気がつけば朝>

 

1_2 2_2

 

登山とは関係ありませんが、わが家のベランダのパンジーに

ヒョウモンチョウが来て卵を産み付けていました。

 

 

<パンジーの葉叢にかくれる豹紋蝶

          茎に白珠置いて飛び立つ>

 

 

« 2017年4月 | トップページ