« 塔ノ岳登山 | トップページ | 金時山登山 »

2017年6月 1日 (木)

大山登山

昨年秋に娘夫婦が隣の駅に新居を購入して東京から引っ越して

きていたんですが、私が誘って528日の日曜日に大山(おお

やま、1252ⅿ)に登ってきました。この山は丹沢山系の東の玄

関口にあり、古く奈良・平安時代から「大山詣」と称せられ雨

乞いや修験場として関東一円の人々の信仰の対象となってきた

山です。この日は五月空のやや雲があるものの日射しもあって

そう暑くはない格好の登山日和でした。

登山口手前の駐車場に車を置きここをほぼ午前8時にスタートし

ました。ここが標高300ⅿですから高低差950ⅿの山登りです。

私にとっては大山は5度目の馴染みの山ですが、娘夫婦は初めて

の登山なので、なるべくなだらかなコースをゆっくりと登るこ

とにしました。土産物店が左右に並ぶこま参道を抜け、遠回り

でも階段の緩い女坂を上がって行き、9時前に阿夫利神社下社に

着きました(ケーブルは乗らず)。下社で登山の無事を拝んだ

あとは、二重滝~見晴台へ回る山の東側のルートを選びました。

こちらの方が石段が少なくゆったりしているからです。鶯の声

の近づいたり遠ざかったりするのを聞いているうちに9時半に見

晴台に到着、小休止です。二人とも疲れた様子はありません。

しかしここから山頂まではやや険しくなり、石段や木の階段が

多くなり二人とも(まず婿が)目に見えてへばってきたので、

無理をせず休憩を頻繁に入れながら11時に山頂にたどり着きま

した。スタートしてからちょうど3時間でした。 

山頂の阿夫利神社本社の周辺は私が今まで見たこともない位の

登山者で賑わっていました。6月に入ると梅雨や猛暑を心配し

なければならないので、5月最後の日曜日に大勢の人が殺到し

たのでしょう。

ただやはり山頂は靄っていて、相模平野は見えるものの富士山

や近隣の山の連峰は見えませんでした。娘夫婦は(特に婿は)

食べ物が喉を通らない程へばったわけでもなく食べっぷりが良

いのに安心しました。

帰路も順調に下って行ったのですが、嬉しかったことがあり、

それは途中で不如帰(ほととぎす)の“トッキョキョカキョク

(特許許可局)”と鳴く声を78回聞いたことです。今や平地

ではこの声を聞くことなどまずないと思います。

しかし、帰路の後半のところで私が勘違いして男坂の方を下っ

てしまうと、石段が急で踏み幅も広く、心配した通り膝が笑い

だし、私も含め三人とも最後は膝がズキズキしだしたのですが

何とか 2時間で駐車場にたどり着いたのです。

夕方4時過ぎに二人を車で家に送り届けたあと、夜7時から私の

家族も加わって戸塚駅近くの北海道料理の飲み屋さんで慰労飲

み会となりました。娘夫婦は既に元気回復し、早くも次の登山

計画の話を始めるのです。‥‥そして閉店まで飲み食いしたら

しいのですが、私は途中からまったく記憶が飛んでしまい気が

付いたのは翌朝のベッドの上でした。(ノ∀`)アチャー(^^

あと短歌を5首。

 

1 雲の下は相模平野

2

3 緩やかな上り坂が続きます

4 婿さんもバテずに歩いてます

5 板敷の道が多い

7 二重滝 ここでホトトギスが鳴いてました

 

 

 

<大山の嶺より見しはひさかたの

           空の下なる霞む故郷>

 

 

<五月空に大山詣トライする

           初登山とふ婿の太っ腹>

 

 

<大山を遠回りして登りしが

                  良いこともあり不如帰鳴く>

 

 

<空耳と初め思ひし不如帰

       ついに間近でトッキョキョカキョク>

 

 

<酒に酔い歌の文句が出ればこそ

          眠気が勝り気がつけば朝>

 

1_2 2_2

 

登山とは関係ありませんが、わが家のベランダのパンジーに

ヒョウモンチョウが来て卵を産み付けていました。

 

 

<パンジーの葉叢にかくれる豹紋蝶

          茎に白珠置いて飛び立つ>

 

 

« 塔ノ岳登山 | トップページ | 金時山登山 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

娘さんご夫婦と一緒の登山がよほど楽しかったのでしょうか。飲み会のお酒もどんどん進みすぎましたね。楽しいお酒は止まりません。いいお酒でしたね。

今晩は。コメントありがとうございます。
登山のせいかいつもよりお腹がすいてて喉も乾き、急ピッチで飲んで途中から
記憶をなくしました。以前はいくら酔ってもこんなことはなかったのですが、この
五年間で3回目のことで、少し自戒をしています‥‥。coldsweats01sweat02

こんばんは
お天気は良くなかったのかもしれませんけれど
登山には気持ちの良い頃だったのではないでしょうか
娘さん、婿さんとの楽しい時間を過ごされたのですね~
伝わりました( ^ω^ )
近くへ来られて一段と仲良くなれますね♬
楽しいお酒記憶なく乗るのもたまには良いかな(^^♪

na noriさん今晩は。久しぶりのブログでした。
娘とはこの半年の間に、鎌倉、逗子、葉山の低山ハイキングを数回やったんですが、
亭主(婿)が今回初めて参加したわけです。で、聞いてみると生まれてから“山登り”
をしたことがないと言う。私は少なからず驚いたんですが、まあいいか、とにかく大山
位から始めさせようと思ったのです。‥‥相当へばって、足の裏も痛いなどと言って
ましたが、帰ってきて、飲みながら「次はどこの百名山に登ろう」などと呟いてましたか
ら、懲りてないようでホッとしました。happy01good

初めましてこんにちは。娘さんご夫婦と仲良く登山とは素敵ですね♪
大山は程よい距離でトレーニングになるし、空気が澄んていれば山頂からの景色も抜群だし
楽しいですよね♪
次回は是非紅葉の時期にまた3人でいらして下さいね(^^♪

おやゆきさん、コメントありがとうございます。
娘はこのあと友達と鍋割山へ登ってまして、すっかり山づいて、いっぱしの“山ガール”です。
娘夫婦とは次は金時山、そして予定が組めれば富士山にトライしようと言ってます。goodsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/70733949

この記事へのトラックバック一覧です: 大山登山:

« 塔ノ岳登山 | トップページ | 金時山登山 »