« 大山登山 | トップページ

2017年6月17日 (土)

金時山登山

大山の次は金時山へ行こうと話していた娘夫婦が、なんと10

土曜日に先駆けして登ってしまったので、私は思い付きで天気の

良さそうだった15日に一人で登ってきました。車で東名高速・御

殿場インターまで行き、国道138号を箱根方面へ20分ほど登ると

金時(公時)神社があり、ここの駐車場からの登山スタートとな

りました。事前にネットで調べるとここからの登頂コースが最短

で、しかも平日なら駐車料金無料のスペースがあることを知った

からです。朝の高速道路はスムーズで朝7時半に家を出て金時神

社には840分に着き、靴をはき替えて50分にスタートしました。

車で上がってくる途中で富士山も大きくクッキリと見え、山頂か

らの雄大な富士の眺めが今度こそ期待できそうです。上り道はい

かにも登山道らしく、土にゴロ石が混じり、そこそこの傾斜です

が、丹沢の大山のように踏み幅の広い階段などはなく普通の山登

りペース(私はやや早め)でスッスッと歩が進みます。最初のう

ちは杉木立の林が続き、後半は低い灌木をぬって行くコースで、

所々で家族連れや、お年寄りグループを追い越しました。金時山

は箱根の人気スポットの山なので、平日でも登山客の賑わいは丹

沢方面の山に劣らないのです。晴れていても梅雨時のためか思っ

たより涼しく、結局水分補給の休憩を取ることもなく頂上まで登

ることができました。スタートからちょうど1時間で(マップの

案内では75分)、正直のところ少し拍子抜けがしました。

そして‥‥山頂に日は照っているものの北西方面の空には黒雲が

垂れこめていて肝心な富士山が見えないではありませんか!!!

山頂の茶屋の人は「いやー、さっきまで富士山は見えていたんだ

けどね、やっぱり梅雨空なんだわ」と残念そうに話してくれるの

です((ノ∀`)アチャー)。まだ10時前でしたが私はなんだか急に腹が

すいてしまい持参のおにぎり弁当をパクついたのです。山頂にあ

る金時茶屋には普段なら“金時娘”がいるはずなのですが、今日

は麓に下山しているらしく、親類らしい爺さんが小屋番をしてい

ました(金時娘も85才位のはずです(^^;))。山頂で時間潰しをし

ていれば、雲が晴れて展望が良くなるかも知れないと少し期待を

しながら居合わせた登山客と話をしたりしていたのですが、その

うちに霧も白く立ちこめてくるに及んで、待つのは諦めて下山の

支度をはじめました。結局、1050分にスタートして駐車場に着

いたのは11時半でした。そしてこの辺りまで下りるとまるで真夏

のような青空が広がっていたのです(山で遮られて富士山は見え

ません)。

 そして再び東名高速を横浜までとばして午後1時半に家に帰着する

や一気にビールをあおると、ほどなく満足感が湧いてきました。

‥‥夕方娘からラインが来て「お父さん、無事下山した?天気良

くて良かったね~(*^-^*)」とありましたので、「ああ、お蔭さん

で登山はほとんど疲れなかったし、黒雲と霧もタップリ見てきた

わい」と返事したのです。

 

あと短歌を5首。

 

300pxmtkintoki_161 金時山(ネットからの画)

 

1 2

3 4

5 後半の灌木の繁み

6 山頂です

7

8 頂上から仙石原、芦ノ湖が望めます

9

10 この方角に富士山が見えるはずが‥‥

11 金時茶屋

12 下り道もアッと言う間でした

 

 

 

朝、目覚ましよりも先に聞いたのは‥‥

<ホトトギスが一声啼けり朝の四時一度聞いたら忘れぬ声の>

 

 

<物心つきし時より眺めたる金時山にはじめて登る>

 

 

<箱根路の果つる奥処にひっそりと古木と佇む公時神社>

 

 

<金時は想ひしよりも優しくて荒ぶる山の面影ぞなく>

 

 

<富士山のあるべき方に目をやれば黒雲さえぎり霧もわき立つ>

 

 

 

別の日に、家の近所の公園の道でアゲハチョウが落葉の上で跳ねるように、伏せたり仰向けになったりしていました。

 

1_2

2_2

 

<道端でひっくり返る揚羽蝶これはあそびか寿命のきたるか>

 

 

« 大山登山 | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

平戸皆空さん、こんばんは。
娘さんご夫婦にふられ、富士山にもふられ、さんざんでしたね。でも無事帰宅できたので、すべて良しとしましょう。

nobunagaE.Tさん、今晩は。コメントありがとうございます。
泣く子(娘)と天気には勝てません。そのうち良いこともあると願っています。wink

こんにちは♪金時山に行かれたのですね。晴れて空気が澄んでいれば山頂から迫力の富士山が拝めるのですが、今回は残念でしたね。
私は下山後は箱根の日帰り湯に入るのが楽しみだったりします♨
次回は夕日の滝コースで登られるのも良いですね。
楽しい記事と写真、ありがとうございました(^^♪

おやゆきさん、コメントありがとうございます。
神奈川県下の山は結構行かれているのですね。いや、県下どころか日本中の山(百名
山とか)に行かれたのかも知れませんね。登山キャリアは私なんかよりずっと長いんで
しょうね。私はリタイア後ですからやっと7年です。‥‥そうですか、夕日の滝コースは地
蔵堂かlら行くコースですね。帰りに箱根湯に浸かるのもいいですね。
ご参考になります、ありがとうございます。

こんにちは
今月初めに母が入院しておりました
明日退院です(^-^)
ココログへは参加できてませんでした^^;
パソコンで皆空さんのブログだけコメントに行けないのです^^;
何度も挑戦したので閲覧増えていると思います
ごめんなさいね
スマホでやっとコメント出来ます(^-^)
娘さん山歩きに楽しみを覚えられ
皆空さんを待ちきれなかったのですね(^^)
山の景色は同じものはないので
お天気の違いも魅力の一つですね
目的は 世界遺産か 金時娘か
ですね〜
お疲れ様でした(^-^)

na noriさん、コメントありがとうございます。
お母さまがご入院とは大変心配ですね。15年前に私の母も入院をして、私は当時大阪に
赴任していましたから、毎週末に田舎に帰省して見舞いました(結局入院後2か月、87才
手前で亡くなりました)。ご回復ということならいいですね。
娘(長女)は昨年横浜のほうへ引っ越すと同時に退社して、子作りの準備に入るのかと思
いきや、スポーツジムに通い始め、山登りに嵌ってしまったようです ┐(´∀`)┌ヤレヤレ
亭主(婿)もこれにつき合わされて、慣れない山登りを始めたという訳です。私が軽く誘っ
たのがきっかけだったかも知れず、少し後悔しています。coldsweats01sweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627554/70889824

この記事へのトラックバック一覧です: 金時山登山:

« 大山登山 | トップページ