« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月 6日 (日)

蓼科山登山

台風5号が日本の南の海上にいた5日に信州八ヶ岳の一

角の蓼科山(たてしなやま)に登ってきました。この

台風5号は発生したのが721日なのでこの時で既に半

月が経過しているという驚くほど長命な台風で、登山

は間際まで迷いましたが、関東・東海地方への接近の

可能性が薄らいだので登ることにしたのです。これは

次に計画している富士登山の予備登山ということで、

 2500ⅿ以上の高山慣れが主眼でした。娘夫婦と、わが

息子も加わって4人の山行きです。

 早朝5時に車で出発し、圏央道から八王子を経由して

 中央高速を使ったのですが、蓼科山の麓の女神湖に着

いた時は9時過ぎていました。そして蓼科牧場(スキ

場)のゴンドラには乗らず、さらに車で上の御泉水

然園の駐車場まで上がりそこで靴を履きかえて940

 分に山登りをスタートしました。天気は思ったよりは

良く、雲が出ているものの時々青空が見え、気温は22°

  23°位とちょうどいい具合です。最初は傾斜のゆる

い樅ノ木とクマザサの中の道を歩き、やがて石ころの

多い坂道へ、そして険しい岩道へと登って行きました。

1時間半ほどで蓼科山荘、さらに40分で山頂に着きまし

た(1150分)。夏休み期間ということもあり、家族

連れや山仲間グループの登山客で山頂は賑わっていま

した。時々日射しがあるのですが雲も出ていて、天気

が良ければ南アルプスや富士山のすばらしい眺めが見

れたはずですが、今回はまったくダメでした。蓼科山

の標高は2530ⅿで、空気の希薄感も少しあり、これを

味わっておくのが主な目的だったのですが、娘夫婦は

やや不慣れな感じがあったようです。30歳の息子が一

番元気で、まだ体力を余している様子でした(独り者

の身軽さと冷やかされていましたが)。

山頂の気温は16°~17°位で特に寒くもなく気持ちの

いいそよ風が流れていました。午後の降水確率は30%

 40%と安心はできませんので、昼飯を食べたあと12

 40分には下山をし始めました。岩道に少し苦労しまし

たが登りに比べれば楽で、膝も痛くなる気配もなく14

 30分には事にスタート地点の駐車場に戻ることが

できました

 ところが車で再び帰路を走り始めた途端に雨が降って

きたのです。強い降りではないものの、降ったり止ん

だりの雨で、やはり遠くにある台風5号の影響が出てき

ていたのです。富士登山は9月初めに予定しているので、

それまでにもう一回今回のような登山をしておこうと

思っています。

1 自然園から20分ほどのスタート地点です

2  3 クマザサの道

4

45 石ころと岩の多い道

5 麓の方が霞んで見えます

7 蓼科山頂

15 16

 

8 山頂のヒュッテです

9 山頂で見たアゲハチョウ

10 岩道を下ります

 

 

 

 

 

あと、短歌を5首。

 

<青空ゆ遠き野分の気配すれば

           蓼科山に雲のわき立つ>

 

 

<今の世のノアの箱舟過ぎ行けり 

         ゴミトラック、ゴミ収集車>

 

 

<老い人はバスに乗りませば直ぐ座り

        ドッコイショッと云ふが安心>

 

 

<支持率は浮きつ沈みつ気ままなり

          理念の見えない衆愚政治>

 

 

<中学の同窓会の案内きて

         昔が見たくなりにけるかも>

 

 

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »